敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀 ようこそ、潮風薫る湊町へ。

地魚の港 敦賀

地魚の聖地 若狭路 敦賀

海がごちそう。地魚の港 敦賀

敦賀といえば、まずは有名な越前がにや若狭ふぐ。でも、それだけではありません。カレイにヒラメ、アジやスズキ、アマダイも最高。
ヤリイカにアオリイカにマイカといろんなイカが1年を通じて並び、サザエやアワビやウニも新鮮すぎてびっくりするはず。
新鮮な地魚の魅力を堪能しに魚市場周辺(通称お魚通り)を訪ねてみてください。

秋の地魚魚市場周辺(おさかな通り)に並ぶ地魚春夏秋冬。

マサバの写真

マサバ

若狭湾を代表する魚。旬は秋から冬。古くから塩をして鯖街道を通り京都に運ばれ名産品「鯖鮨」が生まれた。締め鯖、浜焼き鯖、鯖のへしこなど多くの料理が親しまれている。

ヒラメの写真

ヒラメ

底曳網、延縄、定置網などで漁獲される。白身で上品な味をもち、刺身、寿司、昆布締めなど生も美味しいが、ムニエル、ワイン蒸しなど洋食でも食べられる。

アオリイカの写真

アオリイカ

秋頃にまとまって漁獲される若狭湾の代表的なさかなのひとつ。もちもちとした歯ごたえと甘みがあり、刺身、寿司、いかそうめんなど生でも焼いても美味しい。

アカカマスの写真

アカカマス

秋から冬に定置網で漁獲される。肉は白身で淡白。干物が特に美味しい。刺身や煮付けには不向きだが、天ぷらや塩焼きなどには向いている。

甘エビの写真

甘エビ

ホッコクアカエビの別称。その甘さから「甘エビ」と呼ばれる。刺身や寿司として特に人気がある。とろみのある食感と特有の甘みが美味しい。

カンパチの写真

カンパチ

ヒラマサと共にブリの仲間で漁獲量は少なく高級魚とされる。旬は夏から秋。適度の油がのっていて上品な味。刺身や寿司として食べられる。

  • 特集トップ
  • 地魚応援隊
  • 地魚料理のお店
  • 春の地魚
  • 夏の地魚
  • 秋の地魚
  • 冬の地魚