敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀 ようこそ、潮風薫る湊町へ。

旧敦賀港駅ランプ小屋

旅は国境を越えて、ヤードの先は遥か欧州へ

ジャンル:
歴史・文化
所要時間:
5分程度
メイン写真

当時の賑わいを今に伝えるランプ小屋

敦賀港駅は当初金ヶ崎駅と呼ばれていました。明治末期から昭和初期にかけて欧亜国際列車が運行され、ここからウラジオストク航路に乗り継ぎ、遥か欧州を目指す人や荷物で賑わっていた場所です。ランプ小屋は、列車の灯火に使用されるカンテラの燃料を保管する油庫として、かつては主要な駅に一般的に存在したものです。しかし光源が電灯に変わるなどして、その用途が消滅すると、駅の増改築などで急速にその姿を消していきました。

ランプ小屋は1882年(明治15年)頃に建てられました。近代のコンクリートブロックやスレート造のものとは違い、丁寧に積み上げられたレンガや開口部のアーチなどは、独特の趣があります。そのレンガには、ところどころに四角い小さな文字が刻まれています。これはレンガを作った職人のサインのようなものです。

アクセスマップ

Webサービス by Yahoo! JAPAN

詳細

交通アクセス
マイカー利用の場合北陸自動車道・敦賀ICより 車で約10分
バス利用の場合JR敦賀駅より コミュニティバス「海岸線」で約7分「金崎宮口」停留所下車、徒歩約5分
バス利用の場合JR敦賀駅より 「ぐるっと敦賀周遊バス」で約18分 「金崎宮」停留所下車
タクシー利用の場合JR敦賀駅より タクシーで約8分
所在地
福井県敦賀市金ケ崎町1-19
電話
敦賀観光協会 0770-22-8167
敦賀観光案内所 0770-21-8686