恋愛

LINEブロック確認方法!スタンプがコイン不足で送れないならブロックされてない?

LINEブロック確認方法!スタンプがコイン不足で送れないならブロックされてない?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「LINEブロック確認方法って?スタンプがコイン不足で送れないならブロックされていないって本当かな」

 

LINEのブロック確認方法を知りたいと思ったことはありませんか?

特に復縁したくて元彼に連絡したのに未読のままだと、このような疑問を持ってしまうでしょう。

 

  • LINEブロック確認方法は?
  • コイン不足でスタンプ送れないのは?
  • ブロックされたときの対処法は?

 

そこで本記事では、相手にLINEブロックされているのかどうかを安全に確認する方法をご紹介します。

「コイン不足でスタンプが送れない時はブロックされている」という噂の真相や、ブロックされたらどうすればよいかもお話ししていきます。

 

LINEブロック確認方法!安全にブロック確認できる4つのやり方

LINEブロック確認方法!安全にブロック確認できる4つのやり方

 

相手からのLINEブロックを確認する手段として、現在知られているのは次に紹介する4つの方法です。

どれも無料で、簡単かつ相手にバレない安全な方法ですよ。

 

別れた彼にブロックされた可能性がある女性は、ぜひ試してみてくださいね!

 

LINEブロック確認方法
  • LINEスタンプのプレゼント機能を活用
  • 着せ替えのプレゼント機能を活用
  • 絵文字のプレゼント機能を活用
  • グループ作成機能を活用する

 

LINEスタンプのプレゼント機能を活用する

 

相手のLINEブロックを確認する方法として最も確実で手っ取り早いのが、「LINEスタンプのプレゼント機能を活用する」というものです。

プレゼントするLINEスタンプに条件はなく、有料・無料も問いません。

 

LINEアプリのホームタブで「スタンプ」をタップし適当なスタンプを1つ決めます。

ブロックを確認したい相手を選んで「OK」を押しましょう。

 

その後、選んだスタンプとともに「スタンプをプレゼントしますか?」という表示が出ればブロックされていないと判断できます。

「プレゼントできません」と出た場合は、残念ながらブロックされている可能性が高いでしょう。

 

ただし「プレゼントができない」というのは、相手がすでに同じスタンプを持っていた場合も該当します。

絶対にブロックされたとは言い切れないということです。

 

素人も作成できて相手の所持と被りにくいクリエイターズスタンプを選んだり、複数のスタンプで同様の操作を行ったりして判断の確実性を高めましょう。

どれも「プレゼントできません」と出たら、ブロックの可能性が高まります。

 

着せ替えのプレゼント機能を活用する

着せ替えのプレゼント機能を活用する

 

着せかえのプレゼントもスタンプと同様に、相手からブロックされているかどうかをこっそり確認できる有効な手段です。

スタンプのプレゼントよりもう少し確実性が高まります。

 

実は着せかえ機能はスタンプに比べて活用している人が少ないため、より確実性の高いブロック判定になるんです。

LINEアプリのホームタブで「着せかえ」をタップします。

 

適当な着せ替えを1つ決めたら、ブロックを確認したい相手を選んで「OK」を押しましょう。

あとの操作や確認方法は、スタンプと共通ですよ。

 

相手のキャラに合わない着せ替えを選べば、より判断しやすくなるでしょう。

 

絵文字のプレゼント機能を活用する

 

絵文字も着せかえと同様に、スタンプよりも使っている人が少ない機能です。

確認方法は、スタンプや着せかえとまったく同じ。

 

どれだけ珍しい絵文字を選んでも、相手からブロックされている場合は「プレゼントできません」と表示される仕組みです。

いろいろ試すとコインが消費されるか心配になるかもしれません。

 

しかし、もし相手が持っていないアイテムを選んでブロックされていないとわかっても、実際はプレゼントされずコインも消費されないのでご安心を。

これは絵文字だけでなく、スタンプも着せかえも同じです。

 

確認画面で「OK」をタップせず、右上の「×」を押してプレゼント確認画面を閉じるようにしましょう。

操作を誤って実際にプレゼントしない限り、相手へ通知が届くこともないので安心してくださいね。

 

グループ作成機能を活用する

グループ作成機能を活用する

 

相手へのプレゼント操作以外に、グループ作成機能を使ってブロックされているかどうかを確認するという手段もあります。

まずはLINEアプリのホームタブで「グループ」の先の「グループの作成」をタップ。

 

ブロックを確認したい相手を選んだのち「次へ」を押してみてください。

そして「友だちをグループに自動で追加」という項目にチェックが入っているか確認したら「作成」を押して操作は完了。

 

実はブロックされているとグループには追加できないのです。

作成されたグループに、ブロックを確認したい相手がきちんと追加されているかどうかをチェックしてみましょう。

 

グループの参加人数「1人」のままなら、相手は追加されていません。

さらにメンバーリストに相手の名前が入っていない場合は、残念ながらブロックされている可能性が高いと判断できますよ。

 

「勝手にグループを作成してメンバーに追加したら、相手に通知が届いて不審に思われないか心配…」と思った人も、中にはいるかもしれませんね。

ブロックされていれば、相手に通知は届きません。

 

ただしブロックされていなければ相手には通知がいくので、「どうしたの?」と連絡が来ることも。

「ブロックしているかどうか確認したのかな」と思う相手もいるでしょう。

 

この場合は「操作を間違えてごめんなさい」と素直に謝るしかありません。

 

【この記事も読まれてます】

ラインブロックされた人と連絡をとりたい!成功率の高い方法とは?

スタンプがコイン不足で送れないならブロックされてないって本当?

スタンプがコイン不足で送れないならブロックされてないって本当?

 

LINEスタンプや着せかえ、絵文字などをプレゼントする際、必要数のコインを所持していないと「コインが不足しています」といった表示が出ます。

スタンプがコイン不足で送れないならブロックされてないのは本当です。

 

インが不足している旨の画面が表示されるのは相手にブロックされていない決定的な証拠になりますよ。

スタンプなどのプレゼント操作では、まず選んだアイテムの送信可否を確認します。

 

つまりブロックされているかどうかがチェックされた上で、コインの残高確認が行われるからです。

「コインが不足しています。チャージしますか?」という表示は、相手にブロックされていないからこそ出るものだと捉えてOK。

 

ここで慌ててチャージする必要はありません。

誤ってチャージをすると、相手にアイテムがプレゼントされてしまう可能性がありますので一つひとつの操作を慎重に行ってくださいね。

 

あくまでブロックされているかどうかの確認作業です。

もちろん実際にアイテムを購入して送るわけではなく、もともとコインをチャージしておく必要もないことも知っておきましょう!

 

注意!過去にLINEのブロック確認に使えたが、今は使えない方法

注意!過去にLINEのブロック確認に使えたが、今は使えない方法

 

現在のところ、相手にLINEブロックされているかどうかを確かめる有効な手段は、先ほど紹介したプレゼント機能とグループ機能のみ。

LINEアプリのアップデートによって、過去に使えたけれど現在はブロック確認できない方法がいくつか存在します。

 

ネットの情報や友人のアドバイスが古いものだと、確認できないどころか相手へ通知が届いて不審に思われる可能性があるので十分に注意しましょう。

ここでは、残念ながら現在は使えない代表的なブロック確認方法を2つ紹介します!

 

今は使えない確認方法
  • ノート機能を使って判断する方法
  • イベント機能を使って判断する方法

 

ノート機能を使って判断する方法

 

現在は使えない方法としてまず挙げられるのが、ノート機能で判断するというもの。

チェックしたい相手とのトークルームでノートの新規作成を行った際に、以前はブロックされているとノートを作成した旨がサムネイル表示されませんでした。

 

判別の精度が高いことから積極的に活用していた人も多かったのです。

ブロックされていない場合はサムネイル表示されてしまい、相手に不審がられる可能性はありました。

 

いずれにせよ、現在は判別には利用できないでしょう。

ブロックされているかどうかに関係なく、ノートを作成した旨がサムネイル表示されます。

 

イベント機能を使って判断する方法

 

イベント機能とは、相手のとの予定をカレンダー形式で共有できる機能のこと。

以前は相手にブロックされている場合、トークルームのメニュー画面に「イベント」という表示が出ないことから判断が一目瞭然でした。

 

しかし現在の仕様では、ブロックされているかどうかに関わらず、カレンダーの作成は可能です。

ブロックされている場合は相手にカレンダーを作成した旨の通知が届かない仕組みですが、誰に対しても作成できてしまうので判別には使えないでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

LINEをブロック削除されたら終わり?その後の対処方法を解説!

LINEをブロックされるとどうなる?状況から判断する方法も

LINEをブロックされるとどうなる?状況から判断する方法も

 

相手にブロックされているかどうかを確実にチェックしたい人には、これまで紹介した方法がおすすめです。

しかし100%とは言い切れないものの、相手とのやり取りで状況からなんとなく判断することも実はできます。

 

見方を変えれば、以下の内容に該当しない場合はブロックされていない可能性が高いと判断できるでしょう。

最近まで普段通りにLINEをしていた人は、ぜひ相手とのやり取りを振り返りながら確認してみてくださいね!

 

ブロックを状況から判断する方法
  • 1対1のトーク画面で既読がつかない
  • LINE通話の応答がない
  • ツムツムのハートを受け取らない
  • その他、ブロックされると起こること

 

1対1のトーク画面でいつまでも既読がつかない

 

まずチェックしてほしいのが、1対1のトーク画面で自分が送ったメッセージに既読がついているかどうか。

「ブロックされたかな?」と気づくのも1対1のトーク画面ですね。

 

どれだけLINEの返信がこなくても、既読がついている限り相手からブロックされている心配はないでしょう。

あなたからのメッセージを確認した上で意図的に返信していないと考えられます。

 

そのため既読無視の場合は、ブロックされていない安心感はあるものの別のアプローチ方法を考える必要があります。

一方、ずっと未読の場合はブロックの可能性も。

 

何通も送ったメッセージに数日経っても既読がつかない場合は、ブロックされていて相手に通知が届いてないケースが考えられます。

ただすべてが意図的だとはいえません。

 

「寝ていた」「スマホを失くしていた」といった理由で未読スルーされている可能性もあることを念頭に置きつつ、判断材料の一つにしてくださいね。

 

LINE通話の応答がない

LINE通話の応答がない

 

LINE通話をかけた際に、しばらく待っても相手が応答せず「応答がありません」と強制終了された経験はありませんか?

相手にブロックされている場合も、実は同様の現象が起こります。

 

ただ、単純に忙しくて応答できなかったり、スマホを見ておらずうっかり出そびれたりしたかもしれませんよね。

電車の中にいる場合なども出られないでしょう。

 

しかし何度発信しても応答がなく、相手からの着信やメッセージもない場合はブロックされている可能性が高まります。

 

ツムツムのハートを受け取ってもらえない

 

「ディズニーツムツム」というアプリに、相手へハートをプレゼントするという機能が存在するのをご存知でしょうか?

相手がツムツムをやっているなら試してみてください。

 

プレゼントしたハートを相手が受け取ると、相手とのトークルームに受け取り通知が届く仕組みです。

つまり相手にブロックされている場合は、ハートを送っても受け取り通知が届きません。

 

あなたがハートをプレゼントしたという事実すら、相手には知られず終わってしまうでしょう。

ただし、ハートの受け取り通知がこないからといってブロックされていると判断するのは時期尚早。

 

相手がツムツムを利用していない場合は、ハートを送ったところで受け取ってもらえない可能性が高いことを理解しておいてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

LINEのブロックが解除される期間の法則性!長期化させないコツ!

 

その他、ブロックされると起こること

その他、ブロックされると起こること

 

相手からLINEブロックされている場合は、他にも起こる現象があります。

「今日が誕生日の友だち」に相手が表示されない場合、ブロックされている可能性が高いでしょう。

 

プロフィール画像やステータスメッセージを更新しても、未読スルーが続いている場合も同様です。

さらに相手のホーム画面で確認できる全体公開の投稿を、自分のLINE VOOMで閲覧できないのもブロックの可能性があります。

 

ただし、相手が自分の誕生日を未登録もしくは非公開にしていることも。

プロフィール画像やステータスメッセージは単なる未読スルーであるといった可能性もありますので、参考程度に覚えておきましょう。

 

ただし、LINE VOOMに関しては閲覧できない場合ブロックされている可能性が大きいといえます。

そもそも、LINE VOOM機能を活用している人はあまり多くありません。

 

ブロックされているかどうかの一つの方法として、確認してみることをおすすめします。

 

ブロックされていることがわかったら?適切な対処法を解説!

ブロックされていることがわかったら?適切な対処法を解説!

 

ブロックの可能性がある人には今回紹介した方法をぜひ実践していただきたいですが、実際にブロックされていることが判明したらショックが非常に大きいですよね。

ブロックを機にすっぱり諦める人もいれば、復縁を絶対叶えたいという気持ちを諦めきれない女性もいるでしょう。

 

そこで、相手からのブロックが判明した際の適切な対処法を5つ紹介します。

相手の気持ちを動かすには少々時間がかかるかもしれませんが、最後まで諦めず積極的に行動していきましょう!

 

ブロックが判明した際の適切な対処法
  • 「嫌われた」と短絡的に判断しない
  • 1~3ヶ月程度は落ち着いて様子を見る
  • 共通の友人にそれとなく探りを入れる
  • 信頼できる人に仲を取り持ってもらう
  • ブロック解除のおまじないをやる

 

「ブロックされた=嫌われた」と短絡的に判断しない

 

LINEでブロックされたからといって、必ずしも相手に嫌われたとは限りません。

うっかり指が当たってブロック操作をしてしまったり、一時的な感情だけでブロックされたりしている可能性も大いに考えられるためです。

 

自分のことに集中したい、とLINEをブロックをする人もいるでしょう。

LINEはあくまでコミュニケーションツールの一つであり、それだけを判断材料とするのはあまりに短絡的。

 

すぐに「嫌われた」「もうダメだ」と思いこまないようにしましょう。

まずは気持ちを落ち着かせて、共通の友人などの手も借りつつ最善の行動を取ることが何よりも重要です。

 

焦らずに、冷静かつ慎重な判断を心がけるようにしましょう。

間違っても、LINEをブロックされたからといって復縁の気持ちをすぐに断ち切ることだけはやめてくださいね。

 

「ブロックされた」と周囲に言いふらすのもNGです。

相手のブロックが発覚した場合の対処法も理解した上で、後悔のない行動を選択しましょう。

 

1~3ヶ月程度は落ち着いて様子を見る

1~3ヶ月程度は落ち着いて様子を見る

 

ブロックが相手の操作ミスでない限り、何らかの理由があってあなたとの連絡を断っていると考えられます。

そのため、無理に相手とコンタクトを取ろうとするのは厳禁。

 

まずはお互いが冷静に関係を見つめ直せるよう、1~3ヶ月程度の冷却期間を設けましょう。

彼に対する言動に問題はなかったか、相手は今どんなことを考えているのか、とにかく可能性を探ってみることが大切です。

 

徐々に原因や反省すべき部分が見えてきて、今後自分が取るべき行動が明確になるでしょう。

一定の期間が過ぎたら、相手がブロックを解除している可能性もあります。

 

ブロックした側はバツが悪くて連絡しにくいと思っているかもしれないので、あなたから連絡してみるとよいでしょう。

間違っても、相手からブロックされたことを非難したり怒りをぶつけたりしないように。

 

自分に非がある場合は素直に認めて謝罪し、気持ちを伝えた上で今後の関係について話し合っていきましょう。

 

【この記事も読まれてます】

LINEのブロック確認でスタンプを送るとバレる?他の方法も紹介!

 

共通の友人がいればそれとなく探りを入れる

 

共通の友人がいる場合、あなたへの想いや関係について探りを入れてもらうのも一つの方法です。

冷却期間中にそれとなく動いてもらえれば、しばらく経ってから自分自身もスムーズに行動できるでしょう。

 

例えば相手が仕事で忙しくしている場合、落ち着くまではそっとしておくのが彼のためですよね。

一方で、ほかの女性の影があるとなれば早めに行動した方が功を奏すという可能性も。

 

第三者からの探りを嫌がる男性もいますので、実践する場合はくれぐれも本人にバレないよう動いてもらうことを徹底しましょう。

 

信頼できる友人に仲を取り持ってもらう

信頼できる友人に仲を取り持ってもらう

 

信頼できる友人に彼の状況を探ってもらったら、そのまま仲を取り持ってもらうのがおすすめです。

自分と彼、そして友人とでグループLINEを作成してやり取りをすれば、相手に不審がられることなく堂々とコミュニケーションが取れるでしょう。

 

当事者たちだけで解決が難しい問題の場合は、仲介者を入れることによって客観的なアドバイスがもらえるという利点もありますよ。

 

ブロック解除のおまじないが効果的なことも

 

相手にブロックを解除してもらえるかもしれない、素敵なおまじないがあるのをご存知でしょうか?

ネットで検索すると複数ヒットし、道具いらずで手軽にできるものから手の込んだものまで内容はさまざま。

 

スマホ1つでできるのが「☆LINE5151☆(ラインこいこい)」というおまじないで、方法もとっても簡単です。

まずは自分1人のグループを作成したのち、グループ名を「☆LINE5151☆」に設定してください。

 

そして、改行の有無は問わないので「○○(彼の名前) ☆LINE5151☆」と送信した直後にグループ自体を削除しましょう。

たったこれだけの方法で「本当に相手から連絡がきた」とSNSでは話題になっています。

 

おまじないが幸運を引き寄せてくれることもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

LINEのブロックについて悩んだら?

LINEのブロックについて悩んだら?

 

大好きな男性からLINEをブロックされてしまうと、ショックで立ち直れないという女性が非常に多いはずです。

ブロックはそれだけインパクトのあるものですよね。

 

共通の友人がおらず、誰にも相談できないまま時間だけが過ぎてしまう可能性も大いにあるでしょう。

そんなときにぜひ活用してほしいのが、ずばり「電話占い」です。

 

電話占いサイトには、異性とのLINEについて豊富な経験と実績を持ったプロの占い師が多数在籍しています。

第三者である占い師だからこそ、友人に言えない話も相談しやすいですよ。

 

あなたの話を聞いて、客観的な視点から適切なアドバイスをもらえるのは大きな魅力ではないでしょうか。

電話占いのメリットは、家にいながらにしてきちんと占ってもらえること。

 

プロの占い師はたとえ対面でなくても、電話を通して霊感や占術を使って占うことができるんです。

復縁したい彼にLINEをブロックされて悩んでいる人や、相談できる相手が周りにいないという女性はぜひ電話占いの利用を検討してみてくださいね!

 

【この記事も読まれてます】

LINEブロックからの復縁体験談!ブロックされても諦めない方法は?

まとめ

まとめ

 

今回は、復縁したい元彼のLINEブロック確認方法やブロックされたときの対処法をご紹介しました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 簡単にブロックを確認する方法がある
  • コイン不足の表示はブロックではない
  • トーク画面や通話でも確認はできる
  • ブロックが判明しても冷静に対応する
  • ブロックされて悩んだら占い師に相談

 

別れた彼にLINEをブロックされている可能性があるときは、スタンプなどのプレゼント機能やグループ作成機能を活用してまず確認しましょう。

もし実際にブロックされていたからといって、すぐに復縁の気持ちを諦めるのは時期尚早です。

 

本記事で紹介した内容を参考にしつつ、適切な対処法を用いて彼にアプローチしてみることが大切ですよ。

電話占いの利用も検討しつつ、後悔のない行動をとってくださいね!