恋愛

曖昧な関係から告白させるには?告白誘導のセリフで曖昧な関係を終わらせる!

曖昧な関係から告白させるには?告白誘導のセリフで曖昧な関係を終わらせる!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「曖昧な関係から告白させるにはどうすればいい?告白誘導のセリフを知りたい!」

 

曖昧な関係から告白させる方法があれば、2人の仲が進展していきますよね。

今、曖昧な関係の彼がいる人は、このような疑問を持っているのではないでしょうか。

 

  • 曖昧な関係から告白させるには?
  • 彼に告白させるテクニックって?
  • 告白誘導のセリフってあるの?

 

そこで今回は、曖昧な関係から告白させる方法をご紹介します。

告白の誘導に効果的なセリフや気をつけるべきポイントについてもまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

 

曖昧な関係から告白させるには?彼に告白させるテクニックを解説!

曖昧な関係から告白させるには?彼に告白させるテクニックを解説!

 

結構いい感じなのに、まだ付き合っていない曖昧な関係からそろそろ脱出したい人は多いはず。

こちらとしては受け入れる覚悟はできているから、あとは告白してきてくれたら嬉しいですよね。

 

そんな人のために、彼に告白させるためのテクニックを9選解説していきます!

 

彼に告白させるテクニック
  • 積極的にデートの予定を入れる
  • ことあるごとに好意をアピールする
  • 二人きりになれる場所に連れ込む
  • 彼の目をじっと見つめる
  • ロマンチックなムードを作る
  • 一緒にお酒を飲んで酔っ払う
  • 彼に頼る・甘える
  • さりげなくボディタッチする
  • 時々引いて恋の駆け引きをする

 

積極的にデートの予定を入れる

 

彼に告白させたいなら、まずあなたの方から積極的にデートの予定を入れましょう。

なぜなら、デートの回数を重ねるごとに相手の中であなたに対する好意が増えていくからです。

 

これは、単純接触効果と呼ばれているもの。

人は顔を合わせる機会が多くなるほど、相手に好意を持ちやすくなるといわれているんです。

 

たしかに何度も会っている人、毎日顔を合わせる人には好意を持ちやすいですよね。

積極的にデートに誘い、顔を合わせることで、彼の中であなたに対する気持ちはさらに大きくなっていくはずです。

 

好きという気持ちがあふれて彼から告白してくるのも、そう遠くはないでしょう。

また、デートに誘うことはさりげないと同時にストレートな好意のアピールになります。

 

誰でも嫌いな人や興味のない人と出かけようとは思わないため、彼の中でも「好かれている」自信がつくでしょう。

 

ことあるごとに好意をアピールする

ことあるごとに好意をアピールする

 

ことあるごとに好意をアピールするのも、彼に告白させるために効果的な方法です。

「もしかして、自分のこと好きでいてくれているのかな」と彼に思わせることができれば、告白までもう少しでしょう。

 

具体的には、次のようなことを意識してみてください。

 

  • 一緒にいる時間を思いっきり楽しむ
  • 一緒にいると楽しいと伝える
  • 次のデートがあることを伝える
  • 周囲の人に仲がいいことを隠さない

 

どれもささいなことですが、事あるごとにアピールすることで彼の中で告白する勇気が湧いてくるはず。

まずは2人で過ごす時間を思いっきり楽しみましょう。

 

楽しんでいるあなたを見れば彼も嬉しいし、また一緒に出かけたいなと思うはずです。

そして「一緒にいて楽しい」ということを言葉にして伝えましょう。

 

さらに「今度は○○に行こうね」と次のデートがあることを」伝えるのも効果的。

特に、共通の友人などに彼への好意を示すのはおすすめですよ。

 

周囲から「あの子、お前のこといいって言ってたよ」と知らされるのは、あなたが直接アピールするよりも彼の心に響くからです。

いきなり好意を猛アピールするのではなく、普段からさりげなく伝えていきましょう。

 

二人きりになれる場所に連れ込む

 

デートのときは、さりげなく二人きりになれる場所に彼を連れていきましょう。

二人になれる場所に連れて行く方法は「告白したいけどなかなかタイミングをつかめない」彼に効果的ですよ。

 

実は、男性は意外とロマンチストなんです。

「告白するならちゃんとしたシチュエーションで」と考えている人は多いもの。

 

本当は告白したいけど、タイミングをうかがっているんですね。

そんな彼には、こちらから告白しやすい雰囲気やシチュエーションを用意してあげましょう。

 

海岸沿いや景色の良い公園など、さりげなく二人きりになれる場所に誘うと彼も「今が告白するときだ」と覚悟を決めるかもしれません。

 

彼の目をじっと見つめる

彼の目をじっと見つめる

 

彼の目をじっと見つめるのも、告白させるには効果的な方法です。

よくデートしていても、意外と相手の目を見つめる機会ってないものですよね。

 

見つめるのはちょっと恥ずかしい、と思うこともあるでしょう。

だからこそ、じっと見つめる行為は相手をドキッとさせるには非常に有効なんです。

 

「目は口程に物を言う」とも言いますし、鈍感な彼に対してもあなたの気持ちが伝わるはず。

ただ、何秒間も見つめ続けるのは、逆に相手に対して威圧感を与えてしまいます。

 

心理的には、目を合わせる時間は「3秒」が最も効果的だといわれていますよ。

3秒見つめたあと、ふいっと視線をそらせば彼はあなたから目が離せなくなるでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

都合のいい女から追いかけさせるには?追いかけるのをやめたら逆転できる?

 

ロマンチックなムードを作る

 

なかなか告白する勇気を持てない彼には、こちらからはロマンチックなムードを作ってあげましょう。

雰囲気に流されるのは、一般的に敬遠されるかもしれません。

 

しかし、すでにいい関係の二人で付き合うまであと一押しなら流れにのって告白させるのはありです。

イルミネーションを見に行ったり、夜の観覧車に乗って夜景を見たりするのは特におすすめ。

 

景色が良いなど、ベタだけどしっかりロマンチックなムードのある場所に彼を誘ってみてください。

純愛の映画を二人で見に行くのもいいでしょう。

 

誰でも、好きじゃない相手とロマンチックな場所に出かけようとは思いませんよね。

告白したいと思って勇気が出なかった彼も、ロマンチックな雰囲気なら気持ちが前向きになるでしょう。

 

相手からの確かな好意を確信できれば、奥手な彼もきっと告白してくれるはずです。

 

一緒にお酒を飲んで酔っ払う

一緒にお酒を飲んで酔っ払う

 

彼との付き合いが長いなら、一緒にお酒を飲んで軽く酔っ払ってしまうのもひとつの方法です。

酔っ払ったときというのは、誰でも隙ができるものですよね。

 

また、いつもよりも本音が出やすくなるので、彼の気持ちを引き出しやすくなります。

「お酒の力を借りるなんて」と抵抗を感じる人もいるかもしれません。

 

確かにベロベロに酔っ払って翌日何も覚えていないような状態での告白は曖昧になりがちなのでやめた方がいいでしょう。

しかし適度に酔った状態というのは、お互いの本音を引き出すにはちょうどいいんです。

 

雰囲気がいいバーなどを選べば、あなたもいつもより少しだけ大胆に彼にアピールできるかもしれません。

自宅飲みだと際限なく飲んでしまう恐れがあるので、気を付けてください。

 

ほどほどの人の目があるものの静かなお店なら、告白するシチュエーションとしてはもってこいですよ。

 

彼に頼る・甘える

 

ここぞというときには、彼を頼ったり甘えてみてください。

なぜなら、男性は、好きな女性の前ではカッコいいところを見せたいと思っているからなんです。

 

いつでも、男らしさをアピールして女性に頼ってほしいと感じています。

そのため、女性に頼りにされたり、甘えられたりすると男としての自信が満たされるんですね。

 

「今なら告白してもうまくいくかも」と、告白する勇気が持てます。

ただし、いつでもなんでも彼に頼ってばかり・甘えてばかりなのはNGです。

 

いくら好きな女性であっても、ずっと甘えられるのはしんどくなってしまいます。

さらに「都合のいいときだけ使われてるのかな」と彼は勘違いされる恐れも。

 

また、男性はギャップに弱い生き物。

普段サバサバしている女性ほど、たまに甘えてくる仕草にドキッとします。

 

彼の心を射止めるためにも、頼ったり甘えたりのバランスには気をつけましょう。

 

さりげなくボディタッチする

さりげなくボディタッチする

 

さりげないボディタッチも、曖昧な関係から告白させるには効果があります。

体に触れるという行為は、親密な関係の表れです。

 

相手に対して嫌悪感がある場合ボディタッチをすることはないので、手っ取り早く相手に好意を示すことができます。

そのため、ボディタッチは彼の告白のきっかけにも、

 

いい感じなのになかなか告白してこない男性は、「これ以上関係を進めていいのかな」と自信がありません。

だからこそ、女性の方からボディタッチをして、受け入れる用意ができていることを示すのが大切なんです。

 

ただし、男性によっては付き合う前からのボディタッチを嫌う人もいます。

軽く腕に触れるなどして、彼の様子を確認してみましょう。

 

過度なベタベタも嫌がられる恐れがあるので、ボディタッチはあくまでさりげなくを心がけてください、

 

【この記事も読まれてます】

好きな人に会いたいなら引き寄せの法則!連絡先を知らない相手と再会するには?

 

押しすぎず、時々引いて恋の駆け引きをする

 

押しすぎず、時々引いて恋の駆け引きをすることもポイント。

しっかりアプローチして「自分のこと好きなのかな」と思わせたところで、一度アプローチするのをやめましょう。

 

普段通りの淡々とした態度に戻ります。

彼からすれば、いい感じだった女性からのアプローチが急になくなると「もしかして他に好きな人ができた?」と心配になるでしょう。

 

他の誰かに取られる不安から、告白してくる可能性はぐっと上がります。

しかし、駆け引きのし過ぎは警戒されたり、気がないとあきらめられたりすることもあるので注意してください。

 

なんでも素直なのが一番なので、駆け引きはあくまで最終手段として取っておくのがおすすめです。

 

告白誘導のセリフで曖昧な関係を終わらせる!効果的な台詞を紹介

告白誘導のセリフで曖昧な関係を終わらせる!効果的な台詞を紹介

 

ここから紹介するのは、曖昧な関係を終わらせるのに効果的なセリフ8選。

彼の勇気をあと一押しするような台詞を集めたので、「ここぞ」というときにぜひ使ってみてください!

 

告白誘導に効果的なセリフ
  • 自分から告白する勇気がないタイプで
  • 〇〇くんみたいな彼氏がほしいな
  • 〇〇くんといるとホッとする
  • 〇〇くんといる時が1番楽しいよ
  • デートが楽しすぎて帰りたくないな
  • 好きになってもらえるように頑張る
  • 私たちって気が合うと思わない?
  • 来年も一緒にこの場所に来たいな

 

「私、自分から告白する勇気がないタイプで……」

 

もしかしたら、彼はあなたから告白してくれるのを期待しているのかもしれません。

そんな男性には、「自分から告白する勇気はなくて…」ということを伝えてみましょう。

 

あなたが告白できないことを知った男性は、「それなら自分から告白しないといけないな」と覚悟を決めるはず。

いくら告白する勇気がない男性でも、自分が動かないと進展しないことを知ったら、行動し始めるでしょう。

 

このセリフを言うタイミングは、理想の恋愛について話し合っているときがおすすめです。

「いつもどうやって付き合い始めてるの?」という質問から始めるといいでしょう。

 

そこで、「自分はなかなか告白できるタイプではない」ことを伝えてみてくださいね。

 

「〇〇くんみたいな彼氏がほしいな」

「〇〇くんみたいな彼氏がほしいな」

 

「〇〇くんみたいな彼氏がほしいな」というセリフは、だいぶ直接的ですよね。

しかし、直接的な分相手を誘導させるには絶大な効果があります。

 

「〇〇くんみたいな彼氏がほしい」というのは、いわば「〇〇くんとなら付き合えるよ」というOKサイン。

同時に、自分がフリーであることをアピールすることもできます。

 

「〇〇くんみたいな彼氏がほしい」→「じゃあ付き合う?」というように、自然な流れで交際に持っていくことができますよ。

 

【この記事も読まれてます】

恋が叶う前兆やスピリチュアルサイン15選!両思いや片思いが叶う前兆とは?

 

「〇〇くんといるとホッとする」

 

「〇〇くんといるとホッとする」のセリフには、この先も一緒にいたいという気持ちを伝える役割があります。

「ホッとする」、つまり安心するということは居心地の良さを示しているからです。

 

男性はいくら親しい女性と一緒に過ごしても、「自分といて楽しいのかな」と不安を感じるもの。

特に、相手が大好きな女性ならなおさらです。

 

だからこそ、あなたのほうから「一緒にいると安心する」と伝えると、男性は自信がわいて告白する勇気も出てくるでしょう。

 

「〇〇くんといる時が1番楽しいよ」

「〇〇くんといる時が1番楽しいよ」

 

少し上級者向けなのが、「〇〇くんといる時が1番楽しいよ」というセリフです。

彼に好意を示すセリフではありますが、ポイントは「1番」というところにあります。

 

他に比べる対象がいないと、「1番楽しい」という言葉は出てきませんよね。

暗に、彼に「あなたのほかにもいい感じの人がいるよ」と伝えているわけです。

 

彼からしても、「今は1番だけど、もしかしたら他の男に取られるかも」と焦るわけです。

あなたを独り占めしたい気持ちから、告白してくるかもしれません。

 

「今日のデートが楽しすぎて帰りたくないな」

 

なかなか煮え切らない彼の背中を後押しするセリフが、「今日のデートが楽しすぎて帰りたくないな」というもの。

「帰りたくない=まだ一緒にいたい」と相手に伝わるためです。

 

告白のシチュエーションやタイミングを図っている彼からすれば、まだデートは終わらずに告白するチャンスが訪れたということ。

「告白するなら今しかない」と、覚悟を決めて好きだと伝えてくれるはずです。

 

ただし「デートが楽しすぎて帰りたくない」のセリフは、彼とある程度デートを重ねたときに伝えてください。

いくら最初からいい感じでも、まだ会って少ししか経ってないのに「帰りたくない」と伝えるのはNG。

 

「結構軽いのかな?」と彼が勘違いしてしまいますよ。

 

「〇〇くんに好きになってもらえるように頑張らなきゃ」

「〇〇くんに好きになってもらえるように頑張らなきゃ」

 

「〇〇くんに好きになってもらえるように頑張らなきゃ」と、明るくサバサバした感じで言うのも効果的。

「冗談?本気?」とどっちともとれるような雰囲気で伝えると、彼はあなたに対していつも以上にドキドキするでしょう。

 

告白してもいいのかな、と彼に自信を持たせることができます。

また、うまくいけば「好きになってもらえるよう頑張らなきゃ」→「もう十分好きだけど」と告白の流れに持っていくことも可能です。

 

【この記事も読まれてます】

体の関係から付き合うには?付き合う前に体の関係になった相手の本命になる方法

 

「私たちって気が合うと思わない?」

 

女性が思ってるよりも男性は鈍感で、はっきり言葉にしないと伝わりません。

「私たちって気が合うと思わない?」というセリフは、そんな鈍感な彼に「私たちいい感じだよね」と伝えることができるセリフです。

 

「気が合うと思っていたのは自分だけじゃなかった」と気付くことで告白への第一歩を踏み出すことができるでしょう。

他のセリフよりも気軽に言いやすいので、恥ずかしがりやな女性にもおすすめです。

 

「来年も一緒にこの場所に来たいな」

「来年も一緒にこの場所に来たいな」

 

彼に告白させて曖昧な関係を終わらせるためには、この先も一緒にいる未来をイメージさせることが大事です。

そのために効果的なのが、「来年も一緒にこの場所に来たいな」というもの。

 

私は、この先もあなたと一緒にいたいですよ、と相手に伝えることで、彼はあなたとの未来が自然にイメージできるようになります。

イルミネーションやイベントに行った帰りなど、2人の気持ちが盛り上がっているときに伝えるのが効果的。

 

彼もその場の雰囲気に押されて、すぐに告白してくれるかもしれませんよ。

 

曖昧な関係から告白させる際に気をつけるべきことは?

曖昧な関係から告白させる際に気をつけるべきことは?

 

曖昧な関係がいつまでも続いていると、「早く告白してよ」と気持ちが先走ってしまうことがあります。

気持ちはよく分かりますが、ある程度アピールしたら、しばらくは彼の様子を伺いましょう。

 

焦るからこそ、いったん立ち止まることが大切なんです。

行き過ぎた「告白してアピール」は、告白させるどころか2人の関係を終わらせてしまう恐れがあるからなんですね。

 

「告白してアピール」は、いまいち勇気が持てない彼の背中を押すのに効果的な方法。

ですが、そのアピールが頻繁だったり圧がすごかったりすると、彼は引いてしまいます。

 

一度しつこいなと思われると、挽回するのも難しくなってしまうもの。

好きという気持ちが重く感じて、逆に冷めてしまうでしょう。

 

また、男性によっては付き合わなくても一緒にいられるだけで満足と感じている人もいます。

「告白しろ」と誘導されていると気づくと、困惑するはず。

 

過剰なアピールが続くと「彼女とは気が合わないな」と捉えてしまうんですね。

いい感じだった関係は、やがて徐々に敬遠になっていくでしょう。

 

「付き合う」というのは片方の気持ちだけでできるものではなく、2人の気持ちが揃っていないといけません。

付き合いたい気持ちが強すぎて、1人先走ってしまってはうまくいかないのも当然です。

 

そのため、ある程度アピールしたあとはいったん立ち止まって彼が動き出すのを待ちましょう。

相手を信じて待つというのも、愛情のひとつだといえます。

 

告白誘導の方法で悩んだら誰に相談すべき?

告白誘導の方法で悩んだら誰に相談すべき?

 

告白誘導の方法で悩んだとき、なかなか友人など身近な存在の人には相談しにくいもの。

でも悩みを1人で抱え込んでしまっているとネガティブになって、彼との関係もギクシャクしてしまう恐れがあります。

 

「誰に相談したらいいの?」と悩んだときは、ぜひ占いの力を借りてください。

友人や知人に相談すると、「わがまま」とか「自信過剰」なんて非難されるリスクがありますが占い師なら大丈夫。

 

プロの占い師は、親身になってあなたの話を聞いてくれますよ。

しかも占い師はフラットにあなたの悩みを受け入れ、タロットカードや占星術などあらゆる力を用いて2人の関係を見てくれるんです。

 

その上でどうすればいいか、最善の方法をアドバイスしてくれるでしょう。

占いには占い師と実際に会う「対面鑑定」と電話を使った「電話鑑定」があります。

 

特におすすめなのは電話占いです。

電話占いならわざわざ直接お店に行く必要がなく、好きな場所から自分の好きなタイミングで占ってもらえるのあメリット。

 

これなら、仕事や学校が忙しくても利用しやすいですよね。

電話占いのサイトに所属している占い師は、厳しい採用基準で確かな実力を持った人ばかりです。

 

顔を合わせないからこそ、電話占いは自分の悩みを気軽に打ち明けやすいんです。

霊能力などを使いながら、あなたや相手の潜在意識から2人の関係を妨げるものなど、くわしく占ってもらえますよ。

 

占ってもらったあとは、前向きな気持ちになれるでしょう。

告白誘導の方法で悩んだり、うまく進展しないというときは、電話占いをぜひ利用してみてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

曖昧な関係をはっきりさせる聞き方は?私たちってどういう関係?に対する返事と対処法

 

まとめ

まとめ

 

この記事では、曖昧な関係から告白させるにはどうするか、告白誘導のセリフで曖昧な関係を終わらせる方法をまとめました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 告白させるにはテクニックがある
  • 積極的にデートに誘うなどがよい
  • 告白誘導に効果的なセリフを使う
  • ある程度アピールしたら立ち止まる
  • 悩んだらプロの占い師に相談

 

曖昧な関係が続いているときは、彼もあと一歩の勇気が出せていないとき。

こちらから好意をアピールして背中を押してあげれば、きっと彼から告白してきてくれるでしょう。

 

紹介した告白誘導のセリフはどれも効果的なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

とはいえ彼の反応が鈍かったり、避けられたりすると不安になるはず。

 

そんな時は1人で悩みを抱えず、電話占いを利用してプロの占い師に相談することをおすすめします。

二人のことやこれからどうすべきかを教えてもらえますよ。