恋愛

復縁に冷却期間は必要?連絡してもいい?復縁の可能性を高める方法を徹底解説!

復縁に冷却期間は必要?連絡してもいい?復縁の可能性を高める方法を徹底解説!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「復縁に冷却期間は必要なの?連絡してもいいかな?復縁の可能性を高める方法を知りたい!」

 

復縁したい人は別れてから冷却期間は必要なのか、連絡してもいいのかなど迷ってしまいますよね。

元恋人と復縁したい人は、このような疑問を持っていることでしょう。

 

  • 復縁には冷却期間が必要なの?
  • 冷却期間中に連絡してもいい?
  • 復縁の可能性を高める方法は?

 

そこで、この記事では復縁に冷却期間は必要なのか、連絡してもいいのかをお話ししていきます。

さらに、復縁の可能性を高める方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

復縁に冷却期間は必要!元彼・元カノとの復縁に冷却期間が重要な理由

復縁に冷却期間は必要!元彼・元カノとの復縁に冷却期間が重要な理由

 

「復縁に冷却期間は必要なのだろうか?」と悩む人もいると思いますが、復縁したいのなら冷却期間は必要不可欠です。

むしろ、冷却期間なしでは復縁することはできません。

 

たとえやり直す方向に進んだとしても、すぐに同じ未来を辿ることになるでしょう。

ではなぜ、元彼・元カノとの復縁に冷却期間が重要なのでしょうか。

 

理由がはっきりすれば、しっかり冷却期間を設けようと思えますよね。

復縁に冷却期間が重要な理由7つを紹介します!

 

復縁に冷却期間が重要な理由
  • お互い、冷静になれるから
  • 破局の原因を分析する時間を作れる
  • お互いのネガティブな印象が和らぐ
  • 相手の良い部分を思い出せる
  • 客観的に二人の関係を見直せる
  • 欠点を直す時間を作れるから
  • 自分を磨く時間を作れるから

 

お互い、冷静になれるから

 

冷却期間が重要なのは、お互いに冷静になれるからです。

別れた直後というのは、誰であっても冷静な判断ができません。

 

気持ちが昂っていますし、感情的になってしまうこともあるでしょう。

自分は大丈夫だと思っていても、実際にはそんなことはないのです。

 

冷却期間は、別れた直後に昂っている気分を落ち着かせるためのもの。

そもそも冷静な判断ができなければ、復縁がうまくいくことはないのです。

 

その場の勢いで何かを決断しても「結局上手くいかなかった」という経験があなたにもあるのではないでしょうか。

どんなに些細なことでも、判断を誤れば全てが台無しになってしまうことも。

 

別れたあとの冷却期間というのは、お互いに冷静さを取り戻すために必要なものなのです。

冷静になれば、落ち着いて正しい判断ができるようになるでしょう。

 

なぜ破局に至ったのか、原因を分析する時間を作れるから

なぜ破局に至ったのか、原因を分析する時間を作れるから

 

別れたあとの冷却期間は、別れの原因と向き合う時間でもあります。

長い人生において出会いや別れを経験することは、決して珍しいことではありません。

 

出会いがあれば別れもあるわけですが、中には別れに至らないカップルもいるわけです。

ではなぜ、あなたと元恋人は別れることになってしまったのかと疑問に思いますよね。

 

冷却期間中に、じっくりと別れの原因を分析してみてください。

なぜ別れたのか、原因がちゃんと分からなければまた同じことを繰り返してしまいます。

 

もちろん、別れた原因があなたと元恋人のどちらにあるのかは分かりません。

ただ相手が怒りっぽくなっていたとしても、怒らせる原因を作るような対応を自分がしていたこともあるでしょう。

 

知らず知らずのうちに、お互いワガママになっていたかもしれません。

結局別れの原因がどちらか片方にしかないというケースはほとんどなく、少なからず両者に原因がある場合がほとんどです。

 

冷却期間は、自分なりに別れた原因と向き合うために必要な時間なのだと言えるでしょう。

 

お互いのネガティブな印象を和らげることができるから

 

冷却期間中は、お互いに持っていたネガティブな印象を和らげることができます。

どんな理由で別れたのかは人それぞれですが、相手に対する不満が全くないのに別れるというケースはほとんどありません。

 

少なからず相手へのネガティブな気持ちがあるはずです。

「ケンカした」「すれ違いがあった」「価値観のズレがあった」など様々なケースが考えられますよね。

 

ネガティブな印象や気持ちというのは、良くも悪くも時間とともに薄くなっていくものです。

冷静になることとも似ていますが、冷却期間を設けることで相手へのネガティブな気持ちを和らげることができるでしょう。

 

たとえばケンカして別れた元恋人のことでも、別れた当初とは感じ方が変わってきているはず。

「うざい」「怒りっぽい」「ムカつく」といったネガティブな気持ちが、時間が経つとともになくなっていきます。

 

ネガティブな気持ちがあるままでは復縁はうまくいきません。

お互いにあったネガティブな印象を和らげる時間としても、冷却期間は必要だということです。

 

相手の良い部分を思い出すことができるから

相手の良い部分を思い出すことができるから

 

冷却期間を設けることによって、相手の良い部分を思い出すこともできます。

別れた直後というのは、相手に対する嫌な気持ちばかりが強く残ってしまいますよね。

 

本当はいいところや好きなところもたくさんあるはず。

だからこそ好きだったし一緒にいて幸せだったのに、別れた直後はそれが思い出せないのです。

 

それほどまでに、別れは相手の嫌なことを強調してしまいます。

別れの直後は、ネガティブな感情があなたの心を埋めつくしているのだと言えるでしょう。

 

復縁したいと思っても、どちらかがネガティブなことを思っていたらダメですよね。

ではここで、一定の冷却期間があったとしたらどうでしょうか。

 

冷却期間は元恋人と関わることもないため、一人で思い出に浸ることができます。

最初の頃は嫌な部分ばかり見えていた相手のことも、次第に見え方が変わってくるはず。

 

「そういえば優しいところもあったな」「こんなとき励ましてくれたな」などと思い出すのではないでしょうか。

相手の良い部分を思い出すというのは、あなただけではありません。

 

あなたの元恋人も同じように、冷却期間の間に楽しい思い出や懐かしさを感じているはずです。

そうなると「またやり直すのもありかも」と復縁に前向きになっていくでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

別れた後は連絡しない方がいいって本当?別れたら連絡しない方が復縁できる理由!

 

客観的に二人の関係を見直すことができるから

 

冷却期間が重要なのは、客観的に二人の関係を見直すことができるからです。

付き合っている頃は、あなたと恋人は一番近い存在だったため、良くも悪くもお互いのことしか見えていなかった可能性があります。

 

二人の世界に入っていたことは、決して悪いことではありません。

しかし、周りを見ることや、自分たちが周りからどう見られているのかを気にする余裕がなくなっていたのかもしれません。

 

二人の世界に浸っていたことで視野が狭くなっていたのも事実でしょう。

しかし、別れて冷却期間を設けることで、あなたと元恋人の関係を客観的に見つめ直すことができるようになります。

 

今までは当事者として見ていたものを、客観的に見られるようになるのです。

いつもと違う視点から見てみると、そのときには気づけなかったことに気づけるもの。

 

そもそも復縁は一度別れたカップルが再び付き合い始めること。

だからこそ復縁は二人の関係を見直すことも重要なので、客観的に見直すことは必要不可欠だと言えるのです。

 

欠点を直す時間を作れるから

欠点を直す時間を作れるから

 

元恋人との復縁を叶えるためには、自分の悪いところやダメなところとしっかり向き合わなくてはなりません。

冷却期間を設けることで、自分の欠点を直す時間を作ることができるでしょう。

 

別れた頃と何も変わっていなければ、たとえ復縁したいと言っても受け入れてもらえることはありません。

なぜなら、やり直しても上手くいかないことが目に見えているからです。

 

別れの原因をしっかり分析したのなら、次は自分の欠点を直すために時間を使いましょう。

もちろん欠点のない人などいませんが、あからさまな欠点はない方が良いですよね。

 

プライドの高い人ほど自分の欠点を見つめ直すことができないのですが、意地を張っていても良いことはありません。

一人で冷静になれる時間だからこそ、自分の欠点を直すために使っていきましょう。

 

自分を磨く時間を作れるから

 

欠点を改善することができたら、自分磨きをして今までよりもキラキラと輝く人になりましょう。

あなたが変わったことを元恋人にアピールすることが、実は復縁への何よりの近道です。

 

分かりやすくあなたが変わっていれば、元恋人はあなたに興味を持つようになるでしょう。

「あんなに素敵な人だったっけ?」と思わせることができれば、復縁は一歩前進です。

 

別れた直後は、お互いに相手への興味はほぼなくなってしまいます。

この状態からまた興味を持ってもらうためには、あなたが変わったことをアピールするのが一番なのです。

 

付き合ってる頃は自分磨きをする時間などほとんど取れなかったとしても、別れた今なら時間を作ることが可能でしょう。

冷却期間が復縁に必要不可欠なのは、自分磨きの時間が作れるからという意味もあるのです。

 

しっかりと時間をかけて自分磨きをして、外見も中身も変わったことをアピールしていきましょう。

 

冷却期間中、自分から相手に連絡してもいい?相手から連絡が来たら?

冷却期間中、自分から相手に連絡してもいい?相手から連絡が来たら?

 

冷却期間中は、元恋人に「会わなければいい」と思っていませんか。

確かに会わないことは鉄則ですが、冷却期間中は連絡もするべきではないのです。

 

くれぐれも、あなたから連絡をすることのないようにしてください。

もしあなたから連絡をしてしまうと、ここまで頑張ってきたことが全て水の泡になってしまう恐れがあります。

 

詳しく見ていきましょう!

 

冷却期間中連絡してもいいか
  • 冷却期間中は自分から連絡しない
  • 自分から連絡しない方が良い理由
  • 冷却期間中相手から連絡が来たら?

 

【この記事も読まれてます】

他好きで戻ってこない男の特徴とは?戻ってこない理由や復縁する方法を解説!

 

冷却期間中は自分から連絡しないのが鉄則!

 

先ほども触れましたが、冷却期間中は自分から元恋人に連絡をしてはいけません。

冷却期間はお互いに冷静さを取り戻すための時間であり、元恋人のことを思い出すための時間ではないからです。

 

確かに、冷却期間中に自分のことを忘れられてしまうのでは?と不安になる気持ちは分かります。

しかし、そういうときこそ「冷却期間の必要性」を再確認しましょう。

 

もし連絡したくなってもグッとこらえ、冷却期間は復縁のために必要なんだと自分自身に言い聞かせてください。

 

冷却期間中、自分から連絡しない方が良いのはなぜ?

冷却期間中、自分から連絡しない方が良いのはなぜ?

 

そもそもなぜ、冷却期間は自分から連絡しない方が良いのでしょうか。

それはやはり、相手に復縁したいと思ってることを悟られる恐れがあることや、時間に対するネガティブな感情が甦る恐れがあるからです。

 

先ほどお話ししたように、冷却期間は冷静になるための時間。

そして、お互いへのネガティブな印象をなくしいいところを思いだすための大切な時間でもあります。

 

冷静にもなれていない、ネガティブな印象を持ったまま連絡をするとどうなるでしょうか。

結局は、しっかりと負の感情が拭いきれないままということもあるのです。

 

あなたは元恋人に対してネガティブな感情がなく冷静さを取り戻しているとしても、相手もそうとは限りません。

相手の気持ちはあなたには分からないからこそ、十分な冷却期間を設けなくてはならないのです。

 

冷却期間中に相手から連絡が来たら?

 

冷却期間中に相手から連絡が来たときは、どうすれば良いのでしょうか。

こちらについては状況にもよるのですが、相手から来た場合は返事をしてかまいません。

 

ただし、付き合ってた頃のテンションや口調で返すのはNGです。

ため口やなれなれしい口調にせず、ていねいな言葉で返すのがおすすめですよ。

 

あくまでも今は終わった関係、別れていることを自覚しましょう。

ここで未練や好意があることを悟られると、後々復縁が上手くいかなくなる可能性があるのです。

 

とはいえ、相手からの連絡を無視するとそこで全てが終わってしまうので、返事はした方が良いでしょう。

相手の質問に返すというスタンスで、自分から話を膨らませていく必要はありません。

 

また、嘘をつく必要もないので、元恋人というよりは友達というイメージで返すことをおすすめします。

 

復縁の可能性を高める方法を徹底解説!冷却期間中の効果的な過ごし方

復縁の可能性を高める方法を徹底解説!冷却期間中の効果的な過ごし方

 

復縁に冷却期間は必須だということが分かりましたが、効果的な過ごし方があることをご存知でしょうか。

冷却期間は、ただボーッと時間が経つのを待っていれば良いというわけではありません。

 

ここでは、元恋人との冷却期間中にやるべきことを紹介します。

これらを実践することで、難しいと言われる復縁の可能性を高めることができるでしょう。

 

必ず復縁が成功する方法というわけではありませんが、可能性を高めるためにもぜひ試してみてください!

 

復縁の可能性を高める方法
  • 別れの原因をしっかり分析する
  • 自分の性格や生活習慣の欠点を直す
  • 自分を磨き、より魅力的になる
  • 夢中になれる趣味を見つける
  • 一人の時間をしっかり楽しむ
  • 新しいチャレンジや出会いを楽しむ

 

【この記事も読まれてます】

別れたけど結婚する気がする理由とは?直感から復縁する方法を徹底解説!

 

別れの原因をしっかり分析する

 

復縁成功のためには、「なぜ別れたのか」と原因をしっかり分析しなければなりません。

別れた理由や原因が明らかになっていなければ、また同じことを繰り返す可能性があるからです。

 

人は失敗から学ぶものなので、基本的に復縁には消極的であり慎重になるもの。

どんな理由で別れたにしろ、別れというのは傷つくものですよね。

 

一度失敗しているからこそ、何の対策もしなければ復縁できることはありません。

冷却期間中は別れの原因をしっかり分析し、どうすれば原因を改善できるのかを考えましょう。

 

先ほど人は失敗から学ぶと言いましたが、まさにその通り。

「どうすれば別れを防げたのか」「次はどうすれば良いのか」を明確にしておくことで、復縁の可能性を高められるはずです。

 

自分の性格や生活習慣における欠点を直す

自分の性格や生活習慣における欠点を直す

 

別れの原因というのは、実は特別なことではなく些細なことの積み重ねであることも多いです。

たとえば「怒りっぽい」「相手を見下す」「謝れない」「だらしない」「遅刻やドタキャンが多い」など、考えられるものは色々あります。

 

こうした自分の性格や生活習慣における欠点というのは、意識すれば改善していけるケースがほとんどです。

たとえこれらが直接的な別れの原因ではなかったとしても、再びの別れの原因になる可能性はゼロではありません。

 

せっかく復縁できても、また別れるのは辛いですよね。

人は、相手の嫌な部分が見えてしまうと、次から次へと嫌なところばかり目につくようになってしまいます。

 

そうなる前に、冷却期間を有効活用して自分の欠点を直す努力をしてみてください。

 

自分を磨き、より魅力的になる

 

男女とも、冷却期間にはぜひ自分磨きに取り組みましょう。

付き合ってる頃よりも魅力的になることで、相手の興味を引くことができます。

 

そうすると、相手は別れたことを後悔するかもしれません。

自分磨きというと外見を磨くというイメージがありますが、外見だけでなく内面を磨くことも忘れずに。

 

むしろ内面が非常に大切だといえるでしょう。

外見ばかり磨いても、中身が何も変わっていなければ相手から「また付き合いたい」と思ってもらうことはできませんからね。

 

外見を磨くことはもちろん、「資格を取る」「交流を広げる」などで内面も磨いていきましょう。

 

夢中になれる趣味を見つける

夢中になれる趣味を見つける

 

冷却期間中は夢中になれる趣味を見つけて、没頭するといいでしょう。

復縁は簡単なことではなく、時間がかかるものです。

 

すぐに進展があるわけでもなければ、何の手応えも感じずに心が折れそうになることもあるでしょう。

そういうときこそ、恋愛から一度離れることをおすすめします。

 

恋愛が全てになっていると、周りが見えなくなり、せっかくの冷却期間も冷静になれずに終わってしまうかもしれません。

これでは意味がないので、恋愛以外のことに時間を使いましょう。

 

復縁のことや元恋人のことを忘れられるような、自分が夢中になれる趣味を見つけられるとGood。

楽器を始める、ダンスを習うなどは気持ちも晴れやかになるでしょう。

 

編み物やソーイングなどの手を使って何かを作り出す趣味もおすすめですよ。

趣味に夢中になっているときは、元恋人のことや復縁云々のことなど頭から消えているはずです。

 

見つけられない人は、まずウォーキングやジョギングなどで体を動かすのもおすすめ。

今回恋人と別れたことをきっかけに、何か新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

新しい趣味がきっかけで、知り合いが増えていくというメリットもあります。

 

【この記事も読まれてます】

自分から別れたのに連絡してくる男性心理は?振られたのに連絡してくる男との復縁方法

 

一人の時間をしっかり楽しむ

 

実は、復縁のためには一人の時間を満喫することも欠かせません。

頭の中が恋愛のことや元恋人のことでいっぱいになっていると、視野が狭くなって偏った考え方しかできなくなるからです。

 

もちろん友人と過ごす時間を増やすのもありですが、一人の時間も楽しむようにしましょう。

恋人と別れた今だからこそできること、一人だからこそ楽しめることというのはたくさんあります。

 

今までは恋人優先で過ごしてきた日々や時間を、自分優先で考え直してみてください。

一人の時間を楽しめる人というのは、いわば精神的に自立している人でもあります。

 

あなたがしっかりと自立することができれば、元恋人の見方も変わってくるはずですよ。

 

新しいチャレンジや出会いを積極的に楽しみ、視野を広げる

新しいチャレンジや出会いを積極的に楽しみ、視野を広げる

 

決まった生活の中では、決まった景色しか見ることはできません。

恋人がいるとき、恋人と過ごす時間というのはとても幸せなものですが、一人だからこそ見える景色というのもあるもの。

 

恋人と別れて時間に余裕ができたからこそ、新しいことにチャレンジしたり、多くの人と出会ってみることをおすすめします。

今までの生活では知りえなかった人と出会うことで、あなたの考えや価値観が変わっていくかもしれません。

 

これはいわゆる、人としての成長です。

普段と異なる場所に行く、今まで関わりのなかった人と関わることで、見えてくることもあるでしょう。

 

職場と自宅の往復で毎日を過ごしていたのでは、冷却期間中に何かを学ぶことはできません。

元恋人との復縁にこだわらず、男女の出会いの場にも足を運んでみると、新しい考えが見つかるかもしれませんよ。

 

冷却期間はどれくらい必要?別れた原因別に解説!

冷却期間はどれくらい必要?別れた原因別に解説!

 

ここまで冷却期間の必要性などについて話してきましたが、実際に冷却期間はどれくらい必要なのでしょうか。

別れ方や二人の関係性などによっても、適切な期間というのは変わります。

 

そのため、一概に「何ヶ月」と決めつけることはできません。

ここでは、別れた原因別の適切な冷却期間を紹介します!

 

あくまでも目安として、捉えておいてくださいね。

 

冷却期間はどれくらい必要?
  • 衝動的に喧嘩別れの場合
  • 自分が相手に振られた場合
  • 自分が相手を振った場合
  • お互い話し合って別れた場合

 

衝動的に喧嘩別れしてしまった場合

 

衝動的に喧嘩別れしてしまった場合の冷却期間は、2週間から1ヶ月程度が妥当です。

冷却期間としては、比較的短い方だと言えるでしょう。

 

勢いで別れてしまった場合、お互いにまだ好意や未練が残っている可能性が高いものです。

そのため、短い期間で冷静になれるため、しっかり話し合うことで復縁できる可能性があるでしょう。

 

衝動的な喧嘩別れは、別れたあとに後悔している人も多いんです。

お互いに後悔しているのなら、長い冷却期間は不要とえいます。

 

むしろ、お互いの気持ちが冷めないうちにヨリを戻してしまった方が良いかもしれません。

 

【この記事も読まれてます】

別れても友達でいたい男性心理とは?振ったのに友達でいたい元彼と復縁できる?

 

自分が相手に振られた場合

自分が相手に振られた場合

 

あなたが振られた場合の冷却期間は、だいたい2ヶ月から半年程度だと言われています。

振られた理由にもよりますが、相手に他に好きな人ができたという場合は最低でも3ヶ月は見ておいた方が良いでしょう。

 

あなたと別れたあと、その人と付き合ったのかは分かりません。

ただしその人への気持ちが一段落しなければ復縁することはできません。

 

恋愛は片思いが一番楽しいと言われますよね。

ですから、相手が片思いをしているうちに復縁するのはほぼ不可能です。

 

元恋人が好きな人とどうなったのか、しっかりと見極めましょう。

そして、元恋人が他の人と付き合って3ヶ月ほど経ったときが冷却期間を終わりにして連絡するチャンス。

 

3ヶ月は付き合い始めの熱も冷めてくるころです。

だんだんと元恋人と今の恋人を比べるようになる時期なので、あなたの方に振り向かせることができるかもしれません。

 

自分が相手を振った場合

 

あなたから振って別れた場合の冷却期間は、短めでOKです。

特に何の前触れもなく振ったのであれば、相手はまだ別れを受け入れられていない可能性があります。

 

相手の気持ちがまだ自分に向いているうちに、やり直す段取りを整えておきましょう。

ただし、別れ話をするときに相手をひどく傷つけてしまった自覚がある場合は、少し長めの冷却期間を取りましょう。

 

傷つけておいて、すぐに復縁と言われてもなかなか信頼できないもの。

通常であれば1ヶ月程度で問題ありませんが、傷つけた可能性があるのなら3ヶ月程度は見ておくと良いかもしれません。

 

相手はあなたに対してネガティブな印象を持っている可能性が高く、「また酷い振られ方をされるのでは」と思っているはずです。

相手の心情を優先して、冷却期間を決めていけると良いですね。

 

お互いに話し合いを重ねて別れた場合

お互いに話し合いを重ねて別れた場合

 

そして、お互いに話し合いを重ねて納得した上で別れた場合は冷却期間も長くなります。

最低でも半年、長ければ数年になることもあるでしょう。

 

なぜなら、別れる時点でしっかりと話し合いが行われており、お互いに別れることに納得しているからです。

ただし少しでも別れに納得していなかったり不満があったりするなら、話は別。

 

冷却期間によって気持ちが落ち着けば考えも変わってくるもので、復縁の可能性も高まってくるでしょう。

しかしこの場合、ちょっとやそっと時間が経ったくらいで気持ちが変わることはありません。

 

簡単に気持ちが変わらないからこそ、非常に長い冷却期間が必要になると言えるでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

復縁したい振られた側がすべきことは?冷却期間の過ごし方や復縁する方法!

まとめ

まとめ

 

今回は、復縁に冷却期間は必要か、冷却期間中連絡してもいいのか、そして復縁の可能性を高める方法についてお話ししました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 別れた後の冷却期間は必要
  • 冷静になれるなどメリットがある
  • 冷却期間中はこちらから連絡しない
  • 冷却期間中は欠点を直し自分を磨く
  • 別れ方によって冷却期間は異なる

 

結論、復縁するために冷却期間は必要不可欠であり、冷却期間がなければヨリを戻すことはできません。

冷却期間はお互いの感情を冷静にさせ、復縁に向けて色々と考えるための重要な時間。

 

復縁したあと同じことを繰り返さないようにするために原因解明をしたり、自分の悪いところを直す時間に充てましょう。

有意義な冷却期間を過ごすことで、元恋人への本当の気持ちに気づくケースもあるもの。

 

自分自身の気持ちとしっかり向き合い、復縁したいのなら復縁に向けて慎重に動き出してください。

冷却期間中はくれぐれも自分から連絡はせず、原因解明や自分磨きに充てていきましょう!