恋愛

別れるか悩む時点で答えは決まってる?別れるか迷った時の見極め方とは?

別れるか悩む時点で答えは決まってる?別れるか迷った時の見極め方とは?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「別れるか悩む時点で答えは決まってるって本当なのかな?別れるか迷ったときの見極め方を知りたい!」

 

別れるか悩む時点で答えは決まっていると聞くと、不安になるかもしれません。

今付き合っている恋人と別れるか付き合い続けるか悩んでいる人の中には、このような疑問を持たれている人も多いのではないでしょうか?

 

  • 別れるか悩む時点で答えは決まってる?
  • 別れるか迷った時の見極め方は?
  • 悩みに答えが出ない場合は誰に相談する?

 

そこで今回は、別れるか悩む時点で答えは決まっているのかについてお話ししていきます。

別れるか迷った時の見極め方などについてわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

別れるか悩む時点で答えは決まってると言われるのはなぜ?

別れるか悩む時点で答えは決まってると言われるのはなぜ?

 

実は、別れるか悩む時点で答えは決まってると言われています。

ただ、すぐに別れる・別れないと決断できないのは、恋人との2人の問題であることや一緒に過ごした時間、思い出などがあるからでしょう。

 

特に交際期間が長い場合は色々と考えてしまうもの。

まずは、「別れるか悩む時点で答えは決まってる」と言われている理由についてお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

答えが決まっていると言われる理由
  • 別れを悩む時点で気持ちは冷めている
  • 本当に嫌ならすぐに別れているから

 

別れを悩む時点で相手への気持ちは冷めているから

 

別れるか悩む時点ではっきりしていることのひとつとして、あなたの恋人に対する気持ちが冷めてきているということが考えられます。

一緒に過ごしていく中で良くも悪くも気持ちが変化していくのは当然のこと。

 

カップルは、お互いが好きでいることが前提ではあるものの、愛情が増すこともあれば冷めてしまうこともあります。

まさに今冷めてきているといえるでしょう。

 

あなたの中で「別れた方が良いのかも…」という気持ちが少しでも芽生えているということは、それは気持ちが冷め始めているサインです。

なぜなら、そもそも本当に好きなら別れるか悩むことはないから。

 

もちろん好きという気持ちだけでは付き合っていけない場合もあり、特に年齢を重ねるにつれて色んなことを考えるようになるものです。

例えば、好きは好きでも将来への価値観や考え方が合わなかったこともあります。

 

さらに、相手にDV・モラハラ気質があったり、喧嘩が極端に多かったりなどはこのような場合は好きでも別れを意識することはありますよね。

むしろ早めに別れるほうが安全ですよね。

 

でも、特に相手の嫌な部分や許せない部分がないのに別れを考えているなら、相手に対する気持ちが冷めてきてしまっている可能性が高いんです。

そんなとき、好きな人に冷めてきた自分を責めてしまうこともあるでしょう。

 

誰だって一度好きになった人への気持ちが冷めてしまうことはあるので、「自分は最低でひどい人」なんて自分自身を責める必要はありません。

それに、付き合っている間の時間の経緯で、好意の形が変わっただけの可能性もありますよ。

 

付き合い初めてからある程度の期間が経過している場合、付き合い始めた直後のドキドキが薄れて安心感に変わっていくことも多いんです。

たとえ無言が続いたとしても、一緒にいられるような相手になっているでしょう。

 

そもそも最初の頃のウキウキするような思いがずっと続くカップルなんて、なかなかいませんよね。

ただ、これは冷めたのではなく、好意の形が時間と共に変わっただけなんです。

 

自分の気持ちがどう変化しているのか、見極めていくようにしましょう。

すぐに答えを出そうとせず、自分自身の気持ちと向き合ってみることが大切です!

 

本当に嫌ならすぐに別れているから

本当に嫌ならすぐに別れているから

 

別れを悩むということは、本当に嫌ではない証拠でもあります。

絶対に許せないことがあったり、顔も見たくないくらい本当に嫌なら、「どうしよう…」なんて迷う間もなくすぐに別れているはずだから。

 

悩むということは、別れたくない気持ちもあるということです。

この場合によくあるのは、相手のことは好きだけど嫌なところがあったり、恋人としては良くても結婚相手としては不向きだったりなど。

 

また、相手からの愛を感じられない場合も別れを迷うはずです。

付き合っているのに孤独を感じて「もう別れた方が良いのでは…」と悩んでしまうこともありますよね。

 

でも、好きだからこそ簡単に決断できることではないでしょう。

相手が浮気したり、DV・モラハラ気質など決定的な理由があれば別れられるものも、そうでない場合は気持ちが決まらないのは当然のこと。

 

別れを意識し始めると、良い思い出が浮かんでくるものですよね。

だからこそ、「もう一緒に過ごせなくなるなんて嫌だなぁ…」「でも、別れた方がお互いのためなのかなぁ…」と気持ちが揺れてしまうんです。

 

最終的に一番大切なのは、自分自身の気持ち。

今すぐ答えを出そうと焦っても良いことはないので、自分自身のためにもしっかりと考え、後悔しない決断をできるようにすることが大切です。

 

別れるか迷った時の見極め方とは?悩んだ時に考えるべきポイント

別れるか迷った時の見極め方とは?悩んだ時に考えるべきポイント

 

別れるとすぐ決断できない場合、相手への気持ちが冷め始めている可能性はあるものの、本当に嫌なら迷う間もなく別れているはずです。

つまり、何かが引っ掛かっているのは事実でしょう。

 

ここからは、別れるか迷った時の見極め方や悩んだ時に考えるべきポイントについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

別れるか迷った時の見極め方
  • 恋愛初期の盛り上がりを過ぎただけ?
  • 蛙化現象に惑わされているだけ?
  • 相手に依存・執着していないか?
  • 自分の期待を押し付けていないか?
  • 価値観がある程度一致しているか?
  • お互い大切に思う気持ちがある?
  • 一緒にいて楽しい・辛い、多いのは?
  • どちらかに負担が偏っていないか?
  • 相手と一緒にいる時の自分が好き?
  • 結婚や子どもの有無の希望は一致?

 

恋愛初期の盛り上がりを過ぎただけではないか?

 

誰だって恋愛初期はあの時期ならではの気持ちを味わうものです。

相手から連絡が来るだけで嬉しかったり、会う約束をした時は待ち合わせでドキドキしたり、お互いを知るために色んな質問をし合ったことでしょう。

 

でも、ずっとその状態が続くわけではありません。

付き合って3ヵ月ほど経つと恋愛初期の盛り上がりはピークを過ぎ、ドキドキが安心感に変わり居心地の良さを感じようになります。

 

その時期は「魔の3ヵ月目」とも言われているほど。

女性は彼氏のことを好きな気持ちが強いままでいることが多いですが、男性は「そろそろ友達とも遊びたい」と思い始める時期でしょう。

 

男性は気持ちが冷めたのではなく、安心し始めているだけです。

安心という新しい好意の形に変わるのは悪いことではないものの、恋愛初期の盛り上がりを過ぎて別れてしまうカップルが多いといえるでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

付き合ってないのに好きと言う男性心理とは?さらっと好きと言われた時の返し方

 

蛙化現象に惑わされているだけではないか?

蛙化現象に惑わされているだけではないか?

 

蛙化現象とは、2023年にZ世代を中心に流行した現象のことです。

Z世代だけでなはく、別れるか悩んだ時は蛙化現象に惑わされてしまっている可能性もありますよ。

 

本来蛙化現象は「好きだった相手に好意を持たれた途端、嫌悪感を持ってしまう」という意味を持つもの。

一方で、若者の間では違う意味合いで使われています。

 

それは「好きな相手などの嫌な面を見て幻滅する」というある意味理不尽なものです。

実際にこの蛙化現象によって恋愛が上手くいかないと悩む人が急激に増えています。

 

実際、蛙化現象が原因で別れてしまうカップルも珍しくありません。

よくある蛙化現象の例は以下の通りです。

 

  • 食べ方が汚い
  • 店員への態度が悪い
  • 過剰なナルシスト
  • 自分勝手な性格
  • 公共の場でのマナーが悪い

 

たとえ好意を持った相手でも、食べ方がクチャクチャと汚い・マナーが悪いなどの一面を知ってしまうと気持ちが冷めてしまうのは当然のこと。

ただ、最近では以下のような理不尽で面白い蛙化現象もあります。

 

  • 好きな人と両思いになれた瞬間冷めた
  • 店員を呼んで気づかれない姿に冷めた
  • 絵文字の使い方が気持ち悪くて冷めた
  • つまづいて転んでいる姿を見て冷めた
  • 映画館で大声で笑っている姿に冷めた

 

これで冷めてしまうなんて、とショックを受けてしまいますよね。

中には絵文字だけでなく、「w」や「草」などネット用語の使い方が気持ち悪いといって冷める人もいるほど。

 

ただあまり気にする必要はありません。

「それくらい許してあげてよ…」ということにも冷めてしまう人はいるようですが、それで気持ちが冷めてしまうならその程度の好意なのでしょう。

 

相手に依存・執着していないか?

 

相手に依存・執着していると別れられないことが多いものです。

特にDV・モラハラ気質がある人や浮気癖のある人と付き合っている場合、本来は別れるかどうか迷う間もなく今すぐにでも別れるべきでしょう。

 

でも、相手に依存・執着しているとそうはいきません。

別れるべきだと頭の中ではわかっていても、「1人になりたくない」「別れるなんて寂しい」という気持ちが勝ってしまって別れられないもの。

 

なぜなら、依存・執着は2人の関係を狂わせる原因になるからです。

付き合い始めた頃は純粋な好意だったとしても、どちらか片方でも依存・執着し始めてしまうと元々の関係には戻れなくなってしまいます。

 

自分の期待を相手に押し付けすぎていないか?

自分の期待を相手に押し付けすぎていないか?

 

自分の期待や理想を相手に押し付けすぎてしまっていないか、別れる・別れないの決断を出す前に一度しっかり考えてみるべきでしょう。

「こうしてほしい」と思うこと自体は悪いことではありません。

 

しかし、自分の期待を押し付けすぎてしまうのはあなたのわがままかもしれないからです。

そもそも、人それぞれ考え方や性格は違います。

 

たとえ両思いのカップルでも何もかも100%合うなんていうことはなく、どんなカップルだってお互い譲り合ったり寄り添い合う部分が必要です。

時には自分の思い通りにいかない時もあるはず。

 

それでも「そんな時だってあるよね、求めすぎちゃっていたかも」と考えることが、2人で楽しく過ごしていくためのポイントになります。

自分の期待を押し付けすぎないように考え方を変えてみるのはおすすめです。

 

別れを考えていたのが嘘のように、もっと気楽に過ごせるようになるかもしれません。

 

価値観がある程度一致しているか?

 

価値観がある程度一致しているか、2人のことを考えてみてください。

カップルの別れの原因になる価値観の違いは以下の通りです。

 

  • 金銭感覚の違い
  • 仕事に対するスタンス
  • 異性の友達との付き合い方
  • 食事に対する考え方
  • 恋人との過ごし方や距離感

 

どれもカップルが心地良く過ごしていくための譲れないポイントです。

どれか1つでも大きく違えば、すれ違いの原因になってしまうでしょう。

 

とは言っても、譲り合えれば問題はありません。

例えば、食事に対する考え方が違う場合でも、「そこは強くこだわってないから合わせるよ」とどちらかが譲れるなら簡単に問題は解決します。

 

どれだけ譲り合えるのか、これが平和に過ごすための大切なポイントです!

譲れないものは明確にして、どちらかが我慢しなくてはいけない状況にならないようにしてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

別れ際のキスをする男の本気度は?帰り際に毎回キスする男性心理も徹底解説!

 

お互いがお互いを大切に思う気持ちがあるか?

お互いがお互いを大切に思う気持ちがあるか?

 

お互いがお互いを大切に思う気持ちがあるなら大丈夫です。

生きていれば色んな人との出会いがありますが、「大切にしたい」と心の底から思える人との出会いはそう簡単にあるものではありません。

 

たとえドキドキ感がなくなってしまったとしても、かまいません。

お互いに大切に思う気持ちがあるなら、好意の形が変わってきただけの可能性が高いんです。

 

そもそも、ドキドキだけが恋愛ではないから。

特に将来を見据えた関係であれば、ドキドキよりも安心感や居心地の良さ、金銭感覚など重要視すべきポイントは他にもたくさんあります。

 

一緒にいて楽しい時間と辛い時間、どちらが多いか?

 

「別れた方が良いのかも?でも悩む」と答えが出ない時は、一緒にいて楽しい時間と辛い時間、どちらが多いか考えてみることも大切です。

もし一緒にいて楽しい時間が多いなら、別れたら後悔するかもしれません。

 

実際に別れてから恋人の大切さに気付いて後悔する人は多く、自分から振ったのにもかかわらず復縁を目指して頑張っている人もたくさんいます。

逆に辛い時間が多いなら、別れるべきなのかもしれません。

 

これから楽しい時間が増える可能性はあるものの、世の中にはたくさん素敵な人がいるので、1人だけに自分のすべてを捧げる必要はありません。

中でも別れるべきなのは、何度も話し合ってきた場合です。

 

関係を改善しようと色々試してきても辛い時間が多いなら、思い切って今の恋人とは別れ、新しい出会いを探した方が幸せになれるはずです。

 

どちらかに負担が偏りすぎていないか?

どちらかに負担が偏りすぎていないか?

 

どちらかに負担が偏りすぎているなら、別れを視野に入れるべきかも。

負担とはメンタルなど見えないものというより、家事など可視化できることです。

 

例えば、同棲しているカップルによくあるパターンを見てみましょう。

彼氏が一切家事をしてくれず、彼女が掃除や料理、洗濯などをすべて1人でこなしているケース。

 

お互い仕事をしていれば、特に負担が大きくなるはずです。

家事が好きな女性を除き、多くの場合は「どうして2人で暮らしているのに私ばっかりなの」と不満やストレスを爆発させてしまいます。

 

嫌になってしまうのも当然のことですよね。

「一緒にやってほしい」と彼女に言われて努力する男性もいますが、何の努力もせず彼女に任せっきりになってしまう男性がいるのも事実です。

 

何度話し合っても負担が減らないなら、別れた方が自分のためでしょう。

 

相手と一緒にいる時の自分が好きか?嫌いか?

 

相手と一緒にいる時の自分が好きなら2人の関係が悪いわけではありません。

今すぐ別れずもう少し様子を見てみることをおすすめします。

 

例えば、一緒にいるとくだらないことで笑えたり、疲れていても相手の顔を見ると元気になれるならそれはちゃんと好意がある証拠です。

別れたい相手にはそんな風には思えませんし、笑いたくもないでしょう。

 

逆に相手と一緒にいる時、相手の欠点ばかり見えてストレスがたまっているようなら別れを視野にいれるべきです。

さらに本音を伝えられなくて窮屈さを感じているなら別れる選択が正解といえます。

 

そんな状態の中で自分の気持ちを抑えて無理やり付き合い続けていたら、いつか相手のことも自分のことも嫌いになってしまうでしょう。

一緒にいる時の自分が好きと思える人と一緒にいるべきなんです。

 

もし話し合って解決できそうなことがあるならまずは話し合ってみて、それでも改善されないなら別れる、と決めるのも1つの方法ですよ。

 

【この記事も読まれてます】

会いたい人に会う時の前兆15選!引き寄せで会いたい人に会えるって本当?

 

結婚や子どもの有無についての希望は一致しているか?

結婚や子どもの有無についての希望は一致しているか?

 

結婚する年齢や子どもの有無など将来に対する考え方が全く合わない上に、お互いが譲る気もないなら早めに別れるべきかもしれません。

結婚しても上手くいかない可能性が高いでしょう。

 

価値観が多少違うのは仕方ないとしても、2人とも譲り合えないなら付き合い続けるのは困難です。

今は何となく避けて通っていても、いつか大きな壁にぶつかるでしょう。

 

その時になって「別れておけば良かった」なんて後悔しても時間を巻き戻すことはできないので人生を無駄にしてしまうことになるかも。

誰と付き合って結婚するか、これは人生の中で大きな選択です。

 

別れる・別れない、それぞれの決断をした時にやるべきこととは?

別れる・別れない、それぞれの決断をした時にやるべきこととは?

 

色々と悩んだ末、別れる・別れないの決断を出す時が来ます。

あなたがどちらの選択をしたとしても、何もなかったかのように付き合い続けることは難しいでしょう。

 

もちろん、相手に何も言わずに別れることもできません。

続いては、別れる・別れない、それぞれの決断をした時にやるべきことについてお話ししていきますので、ぜひ参考にして行動してみてください!

 

「別れる」という決断をした時やるべきこと

 

別れるという決断をした時にやるべきことは2つです。

 

  • 別れる理由を明確にする
  • きちんと別れ話をする

 

たとえ自分の中で決断をしたとしても、これはあなただけの問題ではありません。

きちんと相手に別れ話をして関係を終わらせることが大切です。

 

中には「別れ話をするのが面倒だから」と音信普通になってフェードアウトしようとする人もいます。

しかし、それは相手に対してとても失礼な行動ですよね。

 

相手の立場を自分に置き換えて考えてみれば、人としてダメなことだとわかるはずです。

別れ話をする時は、相手に別れる理由を説明して納得してもらう必要があります。

 

曖昧にせず、言葉でしっかり別れる意思と理由を伝えることを意識してみてください!

ここでダメなのは、未練を残すような言い方をすること。

 

「嫌いになったわけじゃない」「自分が全部悪い」などのありがちな表現は、未練が残りやすくなるので使わないように注意しましょう。

 

「別れない」という決断をした時やるべきこと

「別れない」という決断をした時やるべきこと

 

別れないという決断をした時にやるべきことは2つ。

 

  • まずは自分が変わることを考える
  • 自分の気持ちを素直に伝える

 

一度でも別れようか真剣に悩んだということは、別れた方が良いかもしれないと感じてしまう何かしらの事情があったことは確かです。

原因が相手にあるように思ったとしても、まずは自分が変わっていくように意識しましょう。

 

別れるかどうか悩んだ原因を解決して良い関係性を築いていくためには、相手を変えるよりも先に自分が変わる努力をすることが大切です!

相手のせいにしていても、現状が変わることはありません。

 

しっかり伝えるためにも、自分の気持ちを言葉にしてきちんと相手に話すことも心がけてみてください。

ただ単にネガティブな気持ちを伝えるのではありません。

 

「別れないで2人が一緒にいられる道を模索していきたい意思」を伝えることが大切なポイントです。

問題が起きても解決していける関係を目指しましょう。

 

【この記事も読まれてます】

好きな人とのLINEをあえて終わらせると効果的?駆け引きが大事?終わらせ方も!

 

自分一人では悩みに答えが出ない場合は?誰に相談すべき?

自分一人では悩みに答えが出ない場合は?誰に相談すべき?

 

どれだけ悩んでも、なかなか結論が出せないこともあるはず。

「最終的な答えを出すのは自分しかいない」と頭ではわかっていても、一緒に過ごしてきた恋人との別れをそう簡単には決断できないですよね。

 

そんなときは、抱え込まず相談することがおすすめです。

最後は、自分一人では悩みの答えが出ない場合に相談するべき相手についてお話ししていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

自分一人では悩みに答えが出ない場合は?
  • 共通の友人に客観的な意見を聞く
  • 信頼できる占い師に相談する

 

共通の友人に客観的な意見を聞く

 

まずは、共通の友人に客観的な意見を聞いてみるのがおすすめ。

あなたのことも相手のことも知っている人に聞いてみると、自分では気づけなかったことに気づかせてくれるかもしれません。

 

「自分のことは自分が一番よくわかっている」と思っていている人もいるはず。

しかし、自分のことだからこそ意外と見えていない部分もあり、人に言われて初めて気づくこともあるもの。

 

ただ、結論を友人に委ねるのはNGです。

「別れるか悩んでいるんだけどどう思う?」と悩んでいる理由とともに相談し、結論を出すための参考材料にさせてもらう程度と捉えましょう。

 

「別れたがっているみたいだよ」など、相手の耳に入ると揉める恐れがあります。

共通の友人の中でも、特に口の堅い誠実な人に相談するようにしてくださいね。

 

信頼できる占い師に相談する

信頼できる占い師に相談する

 

相談できるような友人がいない場合や友人に相談しても答えが出せない場合は、信頼できる占い師に相談してアドバイスをもらうのもおすすめです!

恋愛相談が得意なプロの占い師に現在の状況を踏まえながら相談してみるといいでしょう。

 

さまざまな面から今後の2人について鑑定してくれますし、占い師ならではの具体的なアドバイスをもらえるはず。

ただ、占いが初めてで抵抗がある人もいるでしょう。

 

「占いはしたことがないからちょっと…」という方は、非対面式で好きなタイミングに占ってもらえる「電話占い」をおすすめします。

顔を合わせる必要がないからこそ、初めての方でも色んな話を相談しやすいのがメリット。

 

忙しい人でも占い館などに行く必要がないので、家にいながらリラックスした状態で占ってもらうことができるでしょう。

サイトによっては初回鑑定10分無料などの嬉しい特典もありますよ。

 

初回特典を利用すれば誰でも気軽に占ってもらいやすいので、信頼できる占い師に頼ってみてください。

無理に一人で解決しようとしたり、抱え込んだりしないようにしてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

引き寄せの法則で恋愛成就する前兆とは?好転反応は恋が叶うサインって本当?

まとめ

まとめ

 

この記事では、別れるか悩む時点で答えは決まってるのか、別れるか迷った時の見極め方についてお話ししました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 本当にイヤならとっくに別れている
  • 迷ったときは見極め方で確認する
  • 別れる決断をしたらきちんと別れる
  • 別れないなら自分が変わるべき
  • 別れに悩んだら占い師に相談する

 

別れるか悩む時点で答えは決まっていると言われていますが、すぐに結論を出せないということは何か引っかかっている理由があります。

もちろん、相手への気持ちが冷め始めている可能性は否めません。

 

でも、本当に相手のことが嫌なら迷う間もなくすぐに別れているはずですよね。

迷うのはやはり何か理由がありますし、さらに付き合っている期間が長いと情が湧いてしまうこともあります。

 

でも、このままの状態を続けるのは辛いので自分の悩みを見て見ぬふりせず、これを機に自分自身ととことん向き合ってみることが大切です。

どんな決断をしても、悩んだ末に出した答えならそれが正解でしょう。

 

悩みに答えが出ない場合は、辛い気持ちを1人で抱えるのはよくありません。

共通の友人に客観的な意見を聞いてみたり、信頼できる占い師に相談してみたりすることをおすすめします!