恋愛

復縁メールの書き方とは?連絡方法や復縁したいと思わせるメッセージの成功例!

復縁メールの書き方とは?連絡方法や復縁したいと思わせるメッセージの成功例!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「別れてからもあの人のことが忘れられない。復縁するにはどうやって連絡すればいい?復縁メールの書き方は?」

 

恋人と別れてから、自分にとって大切な人だったと気づき、何とかして復縁したいと願う人も多いのではないでしょうか。

ただ、元恋人とは言っても、今は別々の道を歩いている相手です。

 

久しぶりに連絡するのは勇気がいりますし、相手にいきなり復縁話を持ちかけたりするとびっくりさせてしまうかもしれません。

あなたからの連絡を喜ぶどころか、相手が警戒する可能性もあります。

 

また、相手から返信をもらわなくては復縁話を進めることもできないので、どうすればいいのか悩んでしまうでしょう。

そのため、このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

  • 復縁メールの書き方は?
  • 別れた相手に連絡を取るタイミングは?
  • 相手が返信したくなるメッセージは?

 

そこで、今回は別れた相手に復縁メールを送る時の大切なポイントをご紹介します。

さらに復縁メールを送るタイミングや相手が返信したくなるメールの書き方のほかに、成功しやすいメッセージの例文もお伝えします。

 

復縁メールの書き方とは?復縁メールを書く時大切なこと

復縁メールの書き方とは?復縁メールを書く時大切なこと

 

別れた恋人へ久しぶりにメールを送るのは勇気がいるでしょう。

でも、そのメールが復縁のきっかけになるのは間違いありません。

 

そう考えると、どう復縁を切り出せばいいのか、自分の気持ちを伝えるにはどうすればいいのか悩むかもしれません。

そこで、ここでは復縁メールを書く時のポイントを8つお伝えします。

 

どれも復縁メールを書くうえで押さえておきたいポイントになるので、ぜひチェックしておきましょう。

 

復縁メールの書き方
  • 短く簡潔に書くことを心がける
  • 数回に分けず、1通に思いを込める
  • 相手が返信したくなる内容にする
  • 復縁したい気持ちをストレートに伝える
  • 一生懸命な気持ちをにじませる
  • 相手のことを責めない
  • 自分の非を素直に認める
  • 生まれ変わった自分をアピールする

 

短く簡潔に書くことを心がける

 

復縁メールがダラダラ長いと、結局何が言いたいのかわかりづらいので、できるだけ短く簡潔にまとめることが大切です。

好きな人には話したいことが次々と浮かんでくるでしょう。

 

つい、あれこれと書き連ねているうちに長文になってしまいがちです。

でも、まとまりのない長文メールを受け取った相手からすると、あなたのメールの意味がわからないため返信もしづらくなります。

 

さらに長文メールは読む気がしない人も多いでしょう。

長文メールをスマホで読む場合はいちいちスクロールしなければならないので、それだけでうんざりする人もいます。

 

なので、メールを受け取る相手のことを考えるのもポイントのひとつです。

書き終わったら回りくどい言い方や同じ文章を繰り返していないかチェックして、削れるところは省いていくと良いでしょう。

 

簡潔でわかりやすい文章は書いた人の気遣いが感じられるものです。

メールが復縁のきっかけになることを意識して、相手の立場に立ったメール文を作れるように工夫してみてください。

 

数回に分けず、1通に思いを込める

数回に分けず、1通に思いを込める

 

メールを数回に分けて送ると、伝えたい内容がバラけてしまい、わかりづらくなるため、1通のメールに気持ちを込めて送信しましょう。

相手は複数のメールをまとめたうえで、返信を考えなければなりません。

 

メールを受け取る側としてはちょっと面倒でしょう。

あなたは自分が言いたいことをメールしているだけかもしれませんが、相手からすると1回にまとめて送って欲しいと思うはずです。

 

次々と送られてくるメールに鬱陶しさを感じる人もいるでしょう。

返信を急かされているようで、ストレスになるかもしれません。

 

本気で復縁を願うなら、1通のメールにあなたの気持ちを込めて送信したほうが、伝わりやすくなります。

あなたの気持ちが通じてきっと返信してくれるでしょう。

 

また、メールを送信した後は、相手から返信が来るまで静かに待つことも大切です。

返信がないと不安になる気持ちはわかりますが、焦って何度もメールを送ると相手から引かれてしまうリスクが高くなります。

 

前向きな気持ちで返信がくるのを待ちましょう。

復縁では焦ってしまうことは厳禁なので、違うことをして気を紛らわせつつ待つようにしてみてください。

 

相手が返信したくなる内容にする

 

復縁メールは自分の気持ちを伝えるだけでなく、相手が返信したくなるような内容にして送信しましょう。

相手からの返信をひたすら待つのは辛いものです。

 

なので、相手が返信したくなる状況をこちらで用意すると、やり取りができるようになり、距離を近づけることができます。

復縁へ一歩前進するかもしれません。

 

たとえば、相手が興味を持っていたり得意なジャンルについて質問したりすると、食いついてきて返信してくれる確率が高くなります。

この他に悩みを相談するのも良いでしょう。

 

仕事や友だち、家族のことなど、元恋人ならあなたが置かれている環境を知っているはずです。

なので「返事した方がいいかも」という流れになりやすいでしょう。

 

ただ、あまりにもシリアスな悩みを持ちかけてしまうと、相手は返事に困ってしまうため、返信しづらくなるかもしれません。

あくまでもちょっとした悩みに留めておくのがベストです。

 

さらに、資格試験の合格など、あなたに嬉しいニュースがあった時は、それをメールに入れておくという手段もあります。

あなたの頑張りを知って、お祝いのメッセージをしたくなるでしょう。

 

復縁したい気持ちをストレートに伝える

復縁したい気持ちをストレートに伝える

 

メールに復縁したいことをはっきり伝えると、相手も真剣に向き合ってくれるでしょう。

一度は別れた相手に復縁話を切り出すのは勇気がいるはずです。

 

でも、下手にまどろっこしい書き方をしてしまうと、相手から言いたいことがあるならはっきり言って欲しいと思われてしまうだけです。

逆に自分の気持ちを真っ直ぐに伝えてくれると好感が持てるでしょう。

 

なので、切り出しにくいかもしれませんが、もう一度相手に告白するような勢いで、復縁したい気持ちをぶつけてみてください。

恋の駆け引きをしないで、ありのままの気持ちをメールに書くのです。

 

復縁が叶うかどうかは相手次第ですが、あなたの真剣さはしっかりと伝わって、YESかNOの返事をしてくれるでしょう。

相手が復縁を望んでいるなら、すぐにやり直すことができます。

 

もし復縁が叶わなくても悔いは残らないはずです。

 

一生懸命な気持ちをにじませる

 

あなたのメールに一生懸命さがにじみ出ていれば、相手の心を動かすことができ、復縁の期待も高まるでしょう。

何度も言いますが復縁できるかどうかは相手次第です。

 

いくらあなたが復縁したいと思っていても、相手の気持ちが復縁に傾かなければ、願いが叶うチャンスはありません。

ではどうすれば相手に復縁したいと思ってもらえるのでしょうか。

 

人の心を動かすには理屈ではなく感情なので、あなたの気持ちに応えたいと思わせるような一生懸命さを見せるのが大切なポイントです。

普段からメールのやりとりが苦手な人もいるでしょう。

 

いつもそっけない返事しか送ってこない人もいるはずです。

そんな人が言葉を選びながら一生懸命に考えたメールを送ってきた時、相手の性質を知っているだけに胸にジーンとくるものがあるでしょう。

 

このように心を動かせたら、後はあなたのために相手が自然に動いてくれます。

一生懸命さは言葉で伝えるのではなく、にじみ出るものです。

 

メールを書く時は受け取る相手の立場になって、わかりやすくて読みやすい内容になるように、努力してみてください。

 

【この記事も読まれてます】

別れ話で引き止め成功の秘訣とは?別れたいと言われた時に引き止める方法!

 

相手のことを責めない

相手のことを責めない

 

復縁メールで書いてはいけないのが相手を責める内容です。

とくに別れた原因が元恋人にあると思っている場合は、いかに自分が傷ついたかわかってほしくて、相手を責めてしまうかもしれません。

 

でも、相手を責めてしまうと復縁を遠ざけるだけです。

相手は自分が悪いとわかっていても、責められると反発心が出てくるので、あなたのことが嫌になって離れてしまうでしょう。

 

過去のことは水に流す決意をしないと復縁は難しいと言えます。

また、あなたは別れの原因が元恋人にあると思っているかもしれませんが、相手から見るとあなたにも原因があるのかもしれません。

 

たとえば、相手を激しく束縛したりしていませんでしたか。

相手の浮気が別れの原因なら、その束縛が息苦しくて他の異性に逃げた可能性もあります。

 

なので相手だけが悪いとは限らないのです。

復縁したいなら、2人の関係が壊れたのも、お互いに悪いところがあったからと考えて、相手だけを責め続けるのは止めるべきです。

 

自分の非を素直に認める

 

2人の破局の原因が自分にあるとわかっているなら、それを素直に認めたうえで、謝罪の言葉をメールに書き入れましょう。

自分の非を認めるのは復縁に欠かせないステップです。

 

ただ、復縁したいからと言って口先だけで謝るのではなく、相手を傷つけたことを深く反省しなければなりません。

相手はあなたに裏切られたことが心の傷になっています。

 

その傷があなたの謝罪ですぐに癒えるとは限りませんが。相手の辛くて悲しい気持ちを少しだけ軽くすることはできるでしょう。

また、相手からメールの返信がきても復縁を焦ってはいけません。

 

あなたは早く寄りを戻したくても、相手が復縁したいと思えるようになるまでは時間がかかるかもしれないので、静かに待ってあげてください。

メールで強引に復縁を迫るのはやめるようにしましょう。

 

生まれ変わった自分をアピールする

生まれ変わった自分をアピールする

 

復縁メールでは自分が変わったことをアピールして、相手に「昔とは違う」と思わせることができれば、復縁に一歩近づけるでしょう。

相手にとってあなたのイメージは別れた時のままです。

 

最悪な別れ方をした場合は、相手に悪いイメージを抱いている可能性が高いので、今さら復縁したいとは思えないでしょう。

なので、そのイメージを払拭する必要があります。

 

破局した時よりも今のあなたが成長し、魅力的になっていれば壊れてしまった関係から再スタートできると考えてもらえるのです。

そこで、内面・外見の両方を磨くように心がけてみてください。

 

ダイエットや筋トレに励んだり、清潔感のあるファッションを身につけたりするなど、一見して変わったとわかるようにすることが大切です。

仕事が上手く行っていれば自信が出てくるのでそれが表情にも表れるでしょう。

 

相手のことを考えて悲しんでいるよりも、趣味を楽しんだり自分磨きに励んだりしているほうが、毎日が充実してきます。

その満足感が言動にも表れるのです。

 

自分の近況を伝えながら、日々が充実していることをアピールしたり、自分のアイコンを変えたりすると相手にも伝わりやすいかもしれません。

相手が「前と違うかも」と思わせれば、心を動かすことができるでしょう。

 

復縁メールを使った連絡方法は?連絡すべきタイミングを解説!

復縁メールを使った連絡方法は?連絡すべきタイミングを解説!

 

元恋人と復縁したい時は、当然のことですが相手に連絡を取る必要があります。

ただ、いつでも連絡を取ってもいいわけではありません。

 

どうしても復縁したいなら、できるだけ成功率の高いタイミングを見極めて連絡を取ることが大切です。

そこで、ここでは復縁メールを送るタイミングをご紹介します。

 

成功率の高いタイミングを狙って、復縁メールを送ってみてください。

 

復縁メールを使った連絡方法
  • 冷却期間を設けてから連絡すること
  • SNSなどで相手の近況をチェック
  • 返信しやすい常識的な時間帯に送る
  • イベントに合わせるのも効果的

 

【この記事も読まれてます】

元彼に久しぶりに送るLINEの内容は?久しぶりに元彼に連絡して復縁に繋げる方法!

 

十分な冷却期間を設けてから連絡することが大切

 

相手に連絡するなら、約1ヶ月の冷却期間を置いたタイミングが最適です。

別れた直後は怒りや悲しみなどの感情で乱れている状態なので、そのタイミングで連絡しても、相手は冷静な判断ができません。

 

さらに、相手はあなたに対してネガティブな感情を持っている可能性もあります。

あなたはすぐにでもやり直したいと思っても、相手はまだ冷静になっていないので、拒否されるリスクが高いでしょう。

 

逆に、別れてから時間が経ちすぎてもいけません。

相手はあなたに対する気持ちの整理をつけていて関心がなかったり、新しい恋を始めていたりする可能性が高まります。

 

なので、別れてから1ヶ月前後がベストなタイミングと言えるのです。

あなたからすると1ヶ月でも長いと感じるかもしれません。

 

でも1ヶ月の間に相手はあなたのことを冷静に考えられるようになり、1人でいる寂しさも実感していることでしょう。

辛いかもしれませんが、冷却期間を設けたほうが復縁の近道になるはずです。

 

また、冷却期間中には自分磨きなどをして、より魅力的になる努力をするのがいいでしょう。

せっかく会わない期間があるのであれば、その期間を有効活用することです。

 

冷却期間後に会った時に、再び惚れ直せるぐらいに頑張ってみてください。

 

送る前にSNSなどで相手の近況をチェックする

送る前にSNSなどで相手の近況をチェックする

 

復縁メールを送る前は相手のSNSをチェックして近況を知っておくことも大切です。

相手がX(Twitter)やインスタグラムなどのSNSをやっているなら、自分の近況を投稿していることがあるでしょう。

 

そのSNSを見て復縁メールを送るタイミングを見極めるのです。

もし新しい恋人ができていて、楽しそうに遊ぶ相手の近況が投稿されているなら、復縁メールは控えたほうがいいと分かるはずです。

 

その一方で、1人で寂しいという投稿なら復縁メールするタイミングと言えるでしょう。

このようにSNSで相手の近況を知ることも、復縁を叶える手段のひとつになるので、活用するのがおすすめです。

 

ただ、別れた直後に彼のSNSをチェックするのはおすすめできません。

別れた直後はあなたも冷静を取り戻していないので、相手の投稿内容に感情的になって悪態メールを送る可能性があるからです。

 

なのでSNSのチェックはほどほどにしておきましょう。

 

相手が返信しやすい、常識的な時間帯に送る

 

相手に復縁メールを送るなら、休日や仕事が終わりそうな時間帯など、返信しやすいタイミングがおすすめです。

逆に深夜や早朝などは非常識と思われる可能性があります。

 

付き合っていた頃はあまり時間帯を気にせずに、用件がある時や自分が暇な時に連絡していた人もいるでしょう。

でも、それは相手に近い存在だったからできたことです。

 

今は恋人でなくなったのですから、相手が寝ているような時間や朝の準備で忙しい時間帯に連絡すると、常識がないと思われかねません。

なので、休日や仕事が終わるような時間帯に連絡してみましょう。

 

忙しさがひと段落したタイミングなら、相手もリラックスしているので、あなたからの連絡に返信する可能性が高くなります。

復縁したいなら、マナーを守ることも大切です。

 

誕生日やお正月など、イベントに合わせるのも効果的

誕生日やお正月など、イベントに合わせるのも効果的

 

復縁メールを送るなら、相手の誕生日やクリスマスなどのイベントに合わせると返信をもらえる確率が高くなるでしょう。

とくに誕生日は相手にとって特別な日です。

 

そんな時に誕生日をお祝いしてもらえれば嬉しいものです。

相手は「覚えていてくれたんだ」「彼(彼女)はどうしているのかな」など、ポジティブに反応して返信をくれるかもしれません。

 

さらにクリスマスやお正月などのイベントも連絡するチャンスです。

相手に新しい恋人がいない場合、イベントになると周囲にいるカップルを嫌でも意識することから、1人でいる寂しさが募る人も多いはずです。

 

そのタイミングを狙って連絡するのです。

イベントがあるたびに、「あの時は楽しかったな」と懐かしむ機会が増えるので、あなたからの連絡も好意的に受け取ってもらえるでしょう。

 

きっと、復縁も前向きに考えてくれるはずです。

 

【この記事も読まれてます】

超強力注意!二度と離れられなくなるという強力な復縁おまじない15選を紹介!

 

復縁したいと思わせるメッセージの成功例を紹介!パターン別例文集

復縁したいと思わせるメッセージの成功例を紹介!パターン別例文集

 

復縁メールを送る時のタイミングや、押さえておきたいポイントがわかっても、具体的にどんなメッセージを書けばいいのでしょうか。

相手に「復縁したい」「返信しなくちゃ」と思わせたいところです。

 

ただ、いざ書こうとするとどんな内容にすればいいか迷う人も多いかもしれません。

そこで、復縁に効果的な例文をシチュエーション別でご紹介するので、自分なりの表現に変えてオリジナルのメールを作ってみましょう。

 

復縁したいと思わせるメッセージの成功例
  • 過去の思い出を中心にまとめた例
  • 相手の魅力について語る例
  • 相手のへの共感を主軸とした例
  • 自分磨きの成果を知ってもらうことを中心とした例

 

過去の思い出を中心にロマンティックにまとめた例

 

ここでは楽しかった恋人時代の思い出話をすることで、「そうだった、懐かしいな。」「また一緒に行きたい」と思わせる例文をご紹介します。

 

「〇〇君、お久しぶりです。

今日、友だちのK子と一緒に○○のライブに行って、あの個性的な声とバックバンドのスキルの高さを楽しんできました。

そういえば〇〇君と知り合ったのもライブがきっかけだったよね。ライブの感想を言い合いながらご飯を食べたり、自分の推しを紹介し合ったりして、とても楽しかったな。

新しい推しがいるなら教えてもらえると嬉しいです。

もし機会があれば一緒にライブに参戦したいし、帰りにはあの夜景スポットにも行けるといいなと思ってます。」

 

趣味を共有した相手からこんな内容のメールがくれば、楽しかった時のことを思い出して、ロマンティックな気分に浸ることでしょう。

また行きたいなと思わせる効果が期待できます。

 

相手の魅力について語る例

相手の魅力について語る例

 

別れてから相手の魅力や存在の大きさに気づいた人も多いはずなので、その気持ちをメールに込めて、相手の自尊心をくすぐる作戦です。

 

「〇〇さん、元気ですか。

最近仕事でいろいろあったのでちょっと落ち込んでしまって、そんな時にいつも思い出すのは〇〇さんのこと。昔はいつも〇〇さんがそばにいてくれて励ましてくれたよね。

すぐに弱音を吐いてしまう私のことを見放したりしないで、愚痴を黙って聞いたり、いろいろなところに連れ出して気分転換もさせてくれた。そのさりげない優しさが私の支えだった。

別れてから、〇〇さんがどれだけ大切な存在だったかを思い知らされて、今更だけどメールしています。優しさや勇気をありがとう。また、相談に乗ってもらえると嬉しいな。」

 

このような内容のメールだと、「自分を信頼してくれているんだな」「困っているなら相談に乗ろうかな」と思ってもらえるかもしれません。

もっと軽い感じの付き合いだった場合は、言葉の表現を変えてみると良いでしょう。

 

相手の気持ちへの共感を主軸とした例

 

あなたに別れの原因があるなら、傷ついた相手の気持ちに寄り添いつつ、謝罪と反省の言葉を入れた内容にすると良いでしょう。

相手も返信しやすくなり、復縁の効果も高まります。

 

「〇〇君、今回は嫌な思いをさせてしまってごめんなさい。

○○君の優しさにいつも甘えていて、わがままになっていたと思う。私のわがままを受け入れるたびに、○○君はずっと我慢していたことに気づかなかったし、どんな気持ちでいるのか知ろうともしていなかった。

本当にごめんなさい。私からメールがきてびっくりしているだろうし、今さら謝られても迷惑かもしれないけど、とにかく謝りたいと思ってメールしました。

○○君が別れ際に言ったように人として成長したいと思うし、自立できるように頑張るから見守っていてくれると嬉しいです。」

 

あなたの言動が原因で破局したなら、まずは謝罪です。

さらに相手の別れ際の言葉が本音だったりするので、それを真摯に受け止めたことや改善しようと努力していることも付け加えておきましょう。

 

【この記事も読まれてます】

復縁に冷却期間は必要?連絡してもいい?復縁の可能性を高める方法を徹底解説!

 

自分磨きの成果を知ってもらうことを中心とした例

自分磨きの成果を知ってもらうことを中心とした例

 

これまでは過去のことに関する内容でしたが、ここからは過去を切り離し、2人の未来に向けた内容になっています。

相手と別れて自分磨きに励んでいる人におすすめの例文です。

 

「〇〇さん、お久しぶりです。

〇〇さんと一緒にいる時は掃除嫌いで、いつも散らかしっぱなしだった僕ですが、最近はこまめに洗濯や掃除をするようになったよ。あの頃の僕を知っている○○さんは信じられないかもしれないね。

付き合っている時は、僕の部屋に来るたびに片付けや料理をしてくれたけど、それが○○さんの負担になっていたんだよね。別れてから、そのことに気づいて反省したよ。

今はYouTubeの料理チャンネルでいろいろ研究してレパートリーも増えたし、掃除も苦手じゃなくなった。むしろ散らかっていると落ち着かない自分がいる。

○○さんの好きなご飯も作れるようになったから、機会があったら食べてもらいたいし、感想も教えて欲しいな。」

 

自分磨きが上手く行ったことをアピールするのは良いですが、やり過ぎると「ウザイ」と思われてしまう恐れがあります。

なので、過去の反省も織り交ぜると、謙虚さを見せることができるでしょう。

 

未来に向けたメールなので、ポジティブな雰囲気になるように意識すると、「やり直しても大丈夫かな」と思ってもらえます。

 

まとめ

まとめ

 

ここまで、復縁メールの書き方や送信するタイミング、具体的な例文をご紹介しました。

 

今回のまとめ
  • 短く簡潔に書くことを心がける
  • 気持ちをきちんと書くこと
  • 相手を責めないことも大切
  • 冷却期間を設けることも必要
  • イベントに合わせて送ってみよう

 

別れた相手に「1人は寂しいから」「まだ好きだから」という自分の気持ちを軸にした理由では、復縁は難しいかもしれません。

それは別れた時かあなたが成長していないからです。

 

あなたが大好きな人と別れてから、反省や謝罪をする気持ちになり自分でも成長しようという意欲を持つことが復縁に繋がります。

ただ復縁を迫るだけでは成就までの道のりは遠いでしょう。

 

復縁したいなら、ここまでお伝えしたことを参考にして、望みを現実にしていってください。