恋愛

連絡を待ってしまうのをやめたい!連絡を待ってしまう心理と対処法とは?

連絡を待ってしまうのをやめたい!連絡を待ってしまう心理と対処法とは?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「連絡を待ってしまうのをやめたいけどどうすればいい?連絡を待ってしまう心理や対処法を知りたい!」

 

彼からの連絡を待ってしまうのをやめたいと思ってしまう時ってありますよね。

いつ連絡が来るのか気になり過ぎてしまう人は、このような疑問を持っているのではないでしょうか。

 

  • 連絡を待ってしまうのをやめるには?
  • 連絡を待ってしまう心理とは?
  • 連絡を待ってしまう時の対処法は?

 

そこで、今回は連絡を待ってしまうのをやめたいときはどうすればいいかをお話ししていきます。

さらに連絡を待つ心理や待ってしまう時の対処法もお話しするので、ぜひ参考にしてみてください!

 

連絡を待ってしまうのをやめたい!連絡を待ってしまう心理とは?

連絡を待ってしまうのをやめたい!連絡を待ってしまう心理とは?

 

世の中にはこまめに連絡してくる人もいれば、自分の好きなタイミングで連絡してくる人もいるでしょう。

あなたもそれはわかっているはずです。

 

でも好きな人からの連絡はできるだけ早く欲しいですし、何をしていても気になって仕方がない人もいるでしょう。

では、彼からの連絡を待ってしまう時はどんな心理状態なのでしょうか。

 

ここでは連絡を待ってしまう人の心理パターンを10個お伝えしているので、まずは自分の心理状態を理解していきましょう!

ここでは以下についてご紹介します。

 

連絡を待つ人の心理
  • 自分に自信が持てない
  • 「嫌われたらどうしよう」と不安
  • 「相手に愛されたい」思いが強すぎる
  • 相手に心を許し、甘えている
  • 相手に依存・執着している
  • 常に相手との絆を確かめる
  • 相手に過度な期待をしている
  • 無意識に相手をコントロールしたい
  • プライドが高すぎる
  • 連絡に関して過去にトラウマがある

 

自己肯定感が低く、自分に自信が持てない

 

自己肯定感が低い人は、彼から連絡をもらうことで「必要とされている」と感じて、自分に自信を持つことができます。

そのため、連絡を待つことがやめられないのです。

 

連絡をもらってしばらくは「自分が必要とされている」とホッとしますが、しばらく間があくと再び不安になります。

「やっぱり私はダメなんだ」と自信を失っていくんですね。

 

自己肯定感が低い人は子どもの頃から自分に価値がないと思いながら生きてきたので、恋愛、仕事、コミュニケーションにも自信がありません。

でも、誰かから必要とされた時は自分の価値を認めることができます。

 

だからこそ彼からの連絡があると、私は「求められている」「必要とされている」と実感することができ、安心するのでしょう。

また、相手から連絡がない時、自分の責任のように感じることがあります。

 

「私のせいで連絡が来ないのかも…」と考え、直近の自分の言動を振り返って彼が連絡して来ない原因を探そうとするのです。

相手の状況はわからないのに「自分が○○だったから」と決めつけて落ち込むこともあります。

 

「相手に嫌われたらどうしよう」という不安が強い

「相手に嫌われたらどうしよう」という不安が強い

 

LINEやSNSでやり取りしている時は彼との繋がりを実感する人は多いですが、連絡が取れない時は「どうしたのかな」と心配になるもの。

「嫌われたかも…」などと、不安に襲われる人もいるでしょう。

 

不安が強くなるのと比例して、彼といつも繋がっていたいという気持ちが大きくなるので、相手からの連絡を待ち続けてしまうのです。

また、彼との関係が安定していない時も不安が強くなります。

 

最近彼と意見のくい違いが多くてケンカばかりしている場合は、「相手に嫌われたらどうしよう」という不安が膨らんでいくでしょう。

彼から連絡があれば、その不安を打ち消すことができるかもしれません。

 

「嫌われていなかった」という確証を得るためにも、連絡が欲しくなってしまうのですね。

先ほどご紹介した「自己肯定感の低さ」にも通じるものがあるでしょう。

 

連絡を待つのがやめられないのは嫌われることへの不安と、相手といつも繋がっていたいという2つの心理が絡み合っているのです。

 

「相手に愛されたい」という思いが強すぎる

 

連絡を待つのをやめられないのは、愛されたい願望が強すぎるからです。

女性は大好きな男性から熱心に言葉をかけられると、相手の愛情を実感して幸福感に満たされるという心理があります。

 

多くの女性は恋愛において基本的に受け身です。

自分からアプローチせずに、「好きなら連絡してくるはず」と考えたり、連絡の頻度の多さで愛情の深さを測ろうとしたりする傾向があります。

 

このような心理からいつも連絡を待ってしまうのです。

しかし、こまめな連絡が苦手な人や基本的にLINEなどは単なる連絡手段としか思っていない男性は多くいます。

 

そのため、実際は連絡の多さと愛情の深さは比例していると言い切れません。

ところが彼の連絡が来ない時は愛されている実感がないことから、「もっと愛されたい」と強く願い、連絡を待つのをやめることができません。

 

「好きなら連絡をくれるはず」と思ってしまうんですね。

連絡の多さは愛情の表れと考えるタイプの女性は、連絡をひたすら待つことになるでしょう。

 

相手に心を許し、甘えている

相手に心を許し、甘えている

 

一緒にいて楽しい、ポジティブになれる相手には心を許せるので、彼からの連絡が待ち遠しくなりますよね。

そのため、待つことをやめられないのでしょう。

 

心を許した相手にはありのままの自分を見せたり、自分の気持ちを素直に打ち明けたりすることができます。

あなたにとって信頼できる存在です。

 

時には弱音を吐いたり愚痴ったりすることがあっても、そんな自分を受け止めてもらえると思うのは甘えであり信頼しているからといえます。

そして、彼なら自分をわかってくれるはずという思いも生まれてきます。

 

「いつも私のことを気遣ってくれる彼なら、どんなに忙しくても連絡してくれるはずだし、待っていればいいよね」と甘えてしまうのです。

ただ、一方的に甘えると彼に負担がかかることもわかっています。

 

それでも、連絡を待つ時のドキドキ感や彼に甘えたいという気持ちのほうが強くて、相手から連絡がくるのを待ってしまうのでしょう。

 

【この記事も読まれてます】

セフレから本命になる方法とは?セフレから本命になるにはどうすればいい?

 

相手に依存・執着している

 

相手への依存や執着も、連絡を待ってしまう心理です。

恋愛相手に依存する人は、生活の全てが彼を中心に回ってしまうため連絡にも執着してしまい待つことをやめられません。

 

恋愛中は、誰でも相手を中心に考えることがあるものです。

ただ、「相手がいない世界は考えられない」「彼と繋がっていないと落ち着かない」などの状態は依存や執着している状態と言えるでしょう。

 

そのため相手から連絡がないと、1人で取り残されたように感じてしまいます。

彼とはすぐ会えなくても、LINEや電話ならいつでも寂しさを埋めることができるので、相手からの連絡に執着するのです。

 

仮に自分の生活のサイクルが乱れても、相手からの連絡を優先するでしょう。

何かやるべきことがあっても、彼から連絡があるかもしれないと考えると集中することができず、スマホが手元にないと不安になります。

 

仕事中でも、友達とお茶を飲んでいる時でも、ちらちらとスマホを見ていませんか?

今のあなたがこの状態なら、相手からの連絡に執着していることを自覚することも大切です。

 

常に相手との絆を確かめないと気が済まない

常に相手との絆を確かめないと気が済まない

 

相手と連絡を取り合うことで絆を強く感じる人は、LINEや電話が愛を深めるツールになるので、待つのをやめることは難しいでしょう。

お互いに忙しいと、いつでも会えるわけではありません。

 

そこでLINEや電話で日常の出来事を報告し合うことで、お互いの状況や考えていることを知ることができ強い絆で結ばれていくのです。

離れていても、連絡を取り合えば相手の存在が身近に感じられますよね。

 

さらに、相手が連絡を取ってくる時は自分のことを意識していることになるので、姿は見えなくても彼との絆を強く感じる人もいます。

そのため、いつも絆を実感したいために、彼からの連絡を待ってしまうのです。

 

すぐに会えなくても「彼の存在を感じていたい」「強い絆で結ばれていたい」という願望がある人は、連絡を取り合うことで安心するのでしょう。

 

相手に過度な期待をしている

 

「彼は私がいちいち言わなくとも、私の気持ちを察してLINEしてくれるはず」という期待から、連絡を待つ人もいます。

この時のあなたは彼の現在の状況について深く考えていません。

 

彼がどんなに忙しくても連絡してくるのは当たり前で、さらにドラマや映画のようなサプライズや優しい言葉を期待しているのかもしれません。

彼が連絡して来る時は、きっと嬉しいことがあると信じているのです。

 

確かにあなたからするとワクワクした気持ちで待てるので、過度な期待が相手を疲れさせたり時間の無駄になるとは思わないでしょう。

そして、その大きな期待は相手にとってプレッシャーになります。

 

そのプレッシャーに疲れ切った彼があなたの元を離れるリスクも高まることを、よく考えたほうが良いですね。

 

無意識に相手をコントロールしたい願望がある

無意識に相手をコントロールしたい願望がある

 

連絡を取り合っていない時は相手の状況がわからないことから、自分の思うように彼をコントロールしようとする場合があります。

コントロールしたい心理の裏にあるのはあなたの不安や疑いです。

 

心の奥底では、彼と連絡が取れない不安を解消したいと考えているので、無意識のうちに相手をコントロールしようとするのでしょう。

しかも連絡を取っていない時は、相手が何をしているのかわかりません。

 

「他の女性と遊んでいるかもしれない」という疑いが捨てきれないので、相手の気持ちをこちらに向かせ、行動を把握しておきたいのです。

彼からの連絡を強く求めてしまい、待つことがやめられません。

 

ただ、相手が何をしているのか知りたい、コントロールしようという気持ちが強すぎると、干渉や束縛になってしまいます。

「今何をしているの?」「今誰といるの?」といった質問を、ついしてしまうこともあるでしょう。

 

いつも何をしているのかをチェックされれば、やましいことがなくても不愉快になりますよね。

そんな状況を嫌った彼から距離を置かれてしまうかもしれません。

 

【この記事も読まれてます】

都合のいい女が急に冷たいと男性はどう思う?離れていったら追いかけてくる?

 

プライドが高すぎる

 

プライドが高すぎる人は極端な負けず嫌いなので、彼の連絡が欲しいと内心では思っていても、「自分からするのは負け」と思うタイプ。

だからこそ相手の連絡を待つのをやめられないのです。

 

自分が勝つことに人一倍情熱を注ぐので、相手に連絡するなんてあり得えない話と言えるでしょう。

それほど勝つことへの執念はかなり強いのです。

 

相手に連絡させることで優位に立ちたいと思っていますが、実は負けを恐れている心理が裏側にあるのかもしれません。

他人からすると、正直になればいいのにと思いますよね。

 

勝ち負けにこだわり過ぎて、連絡をずっと待ち続けるのは時間を無駄にしているようなものですが、あなたもそれはわかっているでしょう。

それでもプライドの高さが邪魔してしまうのです。

 

「自分から連絡するのは負け」「不利になる」という思いをぬぐい去ることができません。

 

連絡に関して、過去にトラウマとなった出来事がある

連絡に関して、過去にトラウマとなった出来事がある

 

過去の恋愛で相手と連絡を取り合った時にとても辛い出来事があった場合は、それがトラウマになって自分から連絡できない人もいます。

同じ状況に遭遇すると、辛い過去が蘇ってくるからです。

 

たとえば、彼が自分の知らないところで浮気をしていて、あなたが連絡を取ったことで、それが発覚したというパターンが考えられます。

信じていた彼に裏切られたのは、強いショックを受けたでしょう。

 

その時の衝撃がトラウマになって残ってしまい、「自分から連絡するのが怖い」「二度と傷つきたくない」と思っても不思議ではありません。

辛い出来事は何年経っても心の傷になって残っています。

 

トラウマを乗り越えることができない限り、自分から連絡することができないので、相手からの連絡をひたすら待つことになるでしょう。

 

連絡を待ってしまう辛い気持ちへの対処法は?疲れた気持ちの癒し方

連絡を待ってしまう辛い気持ちへの対処法は?疲れた気持ちの癒し方

 

これまで連絡を待ってしまう心理についてお伝えしましたが、あなたに当てはまる理由は見つかったでしょうか。

複数の心理に心当たりがある人もいるでしょう。

 

今の心理をすぐに変えるのは難しいかもしませんが、「待つのをやめたい」と思う辛い気持ちを軽くする方法はあります。

その方法を実践するうちに意識が変わり、待つのをやめられるでしょう。

 

ここでは7つの対処方法をご紹介しているので、自分ができそうなことから始めていき、連絡を待ってしまうという意識を変えてください!

ここでは以下についてご紹介します。

 

連絡を待つ気持ちへの対処法
  • 気持ちを言葉にして書き出す
  • 自分を認めて受け入れる努力をする
  • 出会いの場に積極的に出かける
  • スマートフォンを見ない時間をつくる
  • スポーツに打ち込む
  • 新しいことをはじめ集中する
  • 生活習慣を見直す

 

自分の気持ちを言葉にして書き出し、整理する

 

辛い気持ちの対処法の1つめは、自分の心と対話するつもりで、「今思っていることをありのままに書いていき整理する」です。

感情のまま書き連ねていくのです。

 

気持ちを書くというと日記をイメージするかもしれませんが、「モヤモヤする」「イライラする」「落ち込んだ」のような感じでOK。

ひとりごとを呟くように、次々と湧いてくる感情を書いてみてください。

 

待つことに疲れたら、「なんで連絡が欲しいの?」と書き、「寂しい」「仕事の愚痴を聞いて欲しい」のように、答えを書いていきましょう。

そうすることで自分の本心を理解でき、整理することができます。

 

愚痴を聞いて欲しいなら、仲がいい友だちや家族に話すこともできるので、彼の連絡を待つ時の辛い気持ちを抱えることはありません。

寂しい時は、熱中できることをやって気を紛らわすこともできます。

 

このように待つことが辛い時は自分の心と対話することで理解が深まり、今何をすべきなのか見えてくるので不安も軽くなりますよ。

 

【この記事も読まれてます】

キープされてるなら連絡やめるべき?キープから本命になる方法を徹底解説!

 

弱い部分も含め、自分を認めて受け入れる努力をする

弱い部分も含め、自分を認めて受け入れる努力をする

 

自分の弱さやダメなところを受け入れると、自分に自信が持てるようになり、心にも余裕ができるので他人に対して寛容になります。

結果的に、待つ時のイライラや不安が解消されるでしょう。

 

誰しも何かしらのコンプレックスを持っていますが、ダメな自分を受け入れられない、弱さを認められない人がいます。

とくに、自己肯定感が低い人に多いタイプです。

 

自分の弱みやダメな自分を受け入れられない人は、ミスすると「情けない」「何をやってもダメ」などと、必要以上に落ち込んでしまいます。

一方、ダメな自分を受け入れられる人は、多少の失敗でも落ち込みません。

 

失敗した自分を受け入れながら成長していくので、経験を積んでいるうちに成功体験も増えていき、自分に自信を持てるようになります。

以前のようにダメな自分を嫌って否定することもありません。

 

精神的に落ち着くと心に余裕が生まれるので、彼の言動に左右されて動揺したり、些細なことでイライラしたりすることもなくなるでしょう。

自分の弱さやダメなところを受け入れるのは簡単ではありませんよね。

 

ただ、ダメな部分も含めて現在の本当の自分を知り、それを受け入れられるように努力してみてください。

頑張っている自分のことが愛おしくて好きになりますよ。

 

出会いの場に積極的に出かけ、友達を増やす

 

イベントやサークルなどの場所に出かけて、新しい友だちを増やしていけば、連絡を待つ間の寂しさを紛らわすことができるでしょう。

さらに新しい人との出会いは、自分の世界を広げてくれます。

 

多彩な価値観を知ることで、さまざまな視点で物事をとらえることができるようになり、彼の連絡に執着していた自分に気づくかもしれません。

そのため、新しい人との出会いは今の自分を客観的に見つめられるのもメリットと言えます。

 

ただ、大人になると仕事中心の生活になるので学生の時のように新しく友だちを増やすのは簡単ではありません。

なかなか友達ができない人は、興味のあるイベントなど人が集まる場所に参加してみましょう。

 

趣味やスポーツの社会人サークルに入るのも、新しい知り合いを作るチャンスが生まれます。

ただ、友だち作りを焦るのは禁物です。

 

張り切って出かけても、そのイベントに相性が合うタイプがいるとは限りませんし、価値観が合わない人もいるはずです。

誰とも話せず帰る、という状況になるとがっかりしてしまいますよね。

 

「気の合う人が見つかればいいな」ぐらいの気軽さで、まずは自分が楽しむために出かけるのがおすすめです。

気楽に参加しているうちに、相性のいい人とも出会えるはず。

 

気が合う人と楽しい時間を過ごすことができれば、連絡待ちで疲れた心を癒すことにも繋がりますよ。

 

スマートフォンを見ない時間を意識的につくる

スマートフォンを見ない時間を意識的につくる

 

彼の連絡待ちや相手のSNSをチェックするために、スマートフォンを肌身離さず持っている人は、見ない時間を意識的に作ることも大切です。

スマートフォンをなるべく手元におかないなど工夫してみると良いですね。

 

彼とやり取りしていない時間は相手が何をしているのか気になってしまい、SNSに投稿された彼の行動をついチェックする人もいるでしょう。

その投稿内容に勝手に一喜一憂して、振り回されるかもしれません。

 

そして、投稿する時間があるなら「どうして私に連絡をくれないの?」とモヤモヤしてしまうでしょう。

ストレスになりますし、疲れてしまいますよね。

 

自分が心穏やかに過ごして連絡を待たないようにするためにも、スマホを見ない時間を意識的に作るのです。

ただ見ないようにしようとすればするほど意識してしまうもの。

 

そこで、読書をしたり散歩に出かけたりすれば、スマホをから自分の意識を逸らすことができてストレスからも解放されます。

ただ、いきなりスマホを全く見ないのは辛いですし現実的ではありません。

 

そこで、最初は短時間から始めて徐々に時間を延ばしていくことがおすすめですよ。

10分だけスマホを見ると決めて、アラームを鳴らすのもいいでしょう。

 

あなたの意識をスマホから他に向けるように工夫してみてくださいね。

 

スポーツに打ち込む

 

連絡待ちでストレスが溜まっている人には、スポーツで体を動かすのもおすすめです。

運動をすることで、幸福感をもたらしてくれるセロトニンなど神経伝達物質が分泌されストレス解消になるという医学的な根拠もあります。

 

実際体を動かすとすっきりするので、ストレス解消に身体を動かしてみましょう。

ウォーキングやジョギング、ストレッチなどは、今すぐに取り掛かれるのでおすすめですよ。

 

フィットネスやヨガを始めるのもいいですし、学生時代にやっていたスポーツを再開するのも良いですね。

思い切り体を動かして汗をかくことで、代謝もよくなるでしょう。

 

さらに、運動している時間はスマホから必然的に離れるので、体を動かすことを習慣化すれば、じっと連絡を待つこともなくなるでしょう。

また、運動系のサークルに入ると友だちもできるかもしれませんね。

 

運動は健康維持や体を引き締めることにも繋がるので、ぜひお試しください。

 

【この記事も読まれてます】

彼女持ち男性の乗り換えサイン10選!彼女持ちなのに脈アリな態度を取る心理は?

 

新しいことをはじめ、そちらに集中する

新しいことをはじめ、そちらに集中する

 

待つことをやめるには彼に対する気持ちを逸らすために、何か新しいことにあなたの意識を集中させるという方法もあります。

今のあなたは彼のことで頭がいっぱいで、意識が全て彼のほうに向いている状態です。

 

そこで、興味を持って取り組めることを新しく始めると意識がそちらに向かうので彼に対する関心が次第に薄れていきます。

結果的に待つことをやめられるでしょう。

 

ただ、ここでは「新しいことを始める」「新しいことにチャレンジる」のが注意ポイントです。

ずっと続けてきた趣味を楽しむのももちろん良いのです。

 

しかし続けている趣味は、知識やスキル、経験が豊富なだけに他のことを考える余裕があり気が散ってしまいます。

そのため、意識を集中することは難しいかもしれません。

 

逆に新しいことは知識やスキルが足りないので、意識が集中しやすく取り組んでいる間は待つことをやめられるでしょう。

また、新しいことに取り組む時は前向きな気持ちが必要なこともメリット。

 

取り組みを進めている間は失敗や成功などのさまざまな体験を通して、自分を成長させることにも繋がりますよ。

 

生活習慣を見直す

 

毎日相手の連絡を待つ人は、生活の中心がスマホチェックになっているので、生活習慣を見直すことで、思考パターンを変えていきましょう。

相手からの連絡はいつ来るのかわかりません。

 

そのため朝起きたらすぐにスマホチェック、さらにご飯を食べる時、仕事の休憩時間、お風呂に入っている時など、これが寝る直前まで続きます。

まさに生活の中心が「待つこと」に集中しているのです。

 

休日になると、1日中待つことになって辛いですし、本来は他にやりたいこともあるはず。

だからこそ新しい習慣を取り入れることがポイントなんです。

 

朝起きたらスマホを触る前にカーテンを開ける、朝ごはんの用意をする、散歩に行くなどの一連の流れを作ってみましょう。

寝る前はベッドにスマホを持ち込まないようにすると良いですね。

 

スマホの目覚ましのアラームを使っている人は、アナログの目覚まし時計を使うのもありです。

休日は遠出をしたり自然の中に身を置いたりするといいでしょう。

 

平日とは全く違う行動を繰り返すだけでも、思考パターンを変えることができます。

同じ生活習慣だと、思考も変わりにくいものです。

 

ネガティブな思いがグルグル回って負のループから抜け出すことは難しいので、まずは生活習慣から見直してみてください。

 

相手からの連絡を待ってしまうことに悩んだら?

相手からの連絡を待ってしまうことに悩んだら?

 

「彼からの連絡を待つことがやめられない」「不安で辛い」時は、恋愛の悩みが得意な電話占いの占い師に相談するのがおすすめです。

連絡が来ないと不安になるのは相手の気持ちがわからないから。

 

「嫌われたのかな」「ほかに好きな人ができたのかも…」など、ネガティブな方向に考えてしまい、1人で悩みを抱えている人もいるでしょう。

そんな時こそ、恋愛の悩みが得意なプロに相談してみてください。

 

電話占いの占い師は、相手の潜在意識にアクセスして本心を読み取り、2人の未来がどうなるのかまで鑑定することができます。

彼の本心があなたと同じなら安心できますよね。

 

不安を抱えて電話を待つこともなくなるので、穏やかな気持ちで毎日を過ごせるようになるでしょう。

また、電話占いには多数の占い師が在籍しています。

 

さまざまな占い師とコミュニケーションを取ってみて、信頼できる占い師を見つけておけば、悩んだ時にすぐに相談できますよ!

電話占いサイトによっては、初めての登録で無料10分など特典を用意しています。

 

特典を上手に利用して、あなたの悩みや不安に寄り添ってくれる占い師を見つけてみてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

略奪愛のその後は幸せになれる?不幸になる人と幸せになった人の違いとは?

まとめ

まとめ

 

今回は相手の連絡を待つのをやめたいと悩む人に向けて、待ってしまう心理や対処法をお伝えしました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 自信のなさなどが連絡を待つ心理
  • 甘えや依存、執着も心理
  • 対策は気持ちを整理することから
  • スポーツや新しいことに集中する
  • 悩んだら占い師に相談がおすすめ

 

好きな人が連絡してくれるのは嬉しいものです。

愛されていることを実感でき幸せな気持ちで満たされますが、逆になかなか連絡して来ない時は不安が募ってストレスになってしまいます。

 

そんな時はこの記事を参考に、自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

記事には7つの解消方法をお伝えしていますが、無理せずに自分ができそうなことから始めてみてください。

 

あなたにぴったりの方法が見つかるはずです!

どうしても辛いときは、1人で頑張り過ぎず電話占いの占い師に相談することもおすすめします。

 

悩みに寄り添いながら鑑定してくれるので、的確なアドバイスをもらえますよ。