恋愛

略奪愛のその後は幸せになれる?不幸になる人と幸せになった人の違いとは?

略奪愛のその後は幸せになれる?不幸になる人と幸せになった人の違いとは?
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「略奪愛のその後は幸せになれるのかな?略奪愛で不幸になる人と幸せになった人の違いや幸福に過ごしているカップルの習慣が気になる!」

 

好きになった人に奥さんや恋人がいる辛い恋愛をしている人の中には、このような疑問を持たれている人も多いのではないでしょうか?

 

  • 略奪愛のその後は幸せになれる?
  • 略奪愛で不幸になる人は?
  • 幸福に過ごしているカップルの習慣は?

 

そこで今回は、略奪愛のその後は幸せになれるのかどうかを詳しくお伝えします。

また、不幸になる人と幸せになった人の違いもご紹介するのでぜひチェックしてみてください。

 

略奪愛のその後は幸せになれる?それとも不幸になる?

略奪愛のその後は幸せになれる?それとも不幸になる?

 

「略奪愛=不幸になる」というイメージが強いものの、実際のところ果たして本当に不幸になってしまうのかとても気になるところでしょう。

恋人がいる人や結婚している人を好きになってしまって1人で悩んでいる人もいるかもしれません。

 

そのため、まずは略奪愛のその後は幸せになれるのかどうかを以下の通りお伝えします。

 

略奪愛のその後は?
  • 幸せになった人も不幸になった人もいる
  • 略奪愛にリスクがあることは確か
  • 状況の見極めが大切

 

幸せになった人も不幸になった人もいる

 

結論から言うと、略奪愛で幸せになった人も不幸になった人もいます。

そもそも、略奪愛とは「好きな人を相手の恋人や家族から奪って結ばれる恋愛のこと」であり、世間一般的には良いイメージはないでしょう。

 

好きになった側からすると「好きになったから仕方がない」と思えても、逆の立場なら「許せるわけがない」と思って当然のことです。

よくある略奪愛の例は以下の通りです。

 

  • 気持ちが抑えられず略奪した
  • 「私の方が彼を幸せにできる」と略奪した

 

略奪愛をしようとしてる人は、「こんなに好きになれる人に出会えることはもうないかもしれない」と思っているのではないでしょうか。

好きな気持ちが大きくなければ、略奪愛なんて考えないはずだからです。

 

でも、略奪愛後に幸せになれるか、それとも不幸になるかはあなたや相手、その状況次第なので、軽い気持ちで考えるべきことはありません。

実際、過去の記憶が消えなくて苦しみ続ける人や不倫時代のことがフラッシュバックして喧嘩ばかりしてしまう人もたくさんいます。

 

つまり、略奪愛はなかなか思い通りにはいきません。

略奪愛をしようか悩んでいる人は、絶対に一時的な感情で行動したりせず、今後のことをさまざまな面からしっかり考えてみることが大切です。

 

略奪愛にリスクがあることは確か

略奪愛にリスクがあることは確か

 

略奪愛で幸せになった人がいるのは事実です。

ですが、略奪愛にリスクが伴うことも紛れもない事実で、そのリスクを一生背負うことになる可能性もあります。

 

具体的に以下のようなリスクがあるでしょう。

 

  • 祝福されない
  • 友達が少なくなる
  • 周囲から軽蔑される
  • お金に余裕がなくなる
  • 相手への興味が薄れる
  • 仕事を失う可能性がある
  • 相手を信用できなくなる

 

祝福されない・友達が少なくなるなどは我慢できることではあるものの、お金に余裕がなくなる・仕事を失うなどは人生が変わる出来事です。

特に相手に奥さんがいる場合もあるでしょう。

 

この場合だと、略奪愛がバレると不倫慰謝料を請求される可能性があり、その相場は約100万~500万円だと言われています。

そんな大金を支払うのは誰だって苦しいでしょう。

 

また、子どもがいると養育費を支払う義務が発生する可能性が高く、成人するまで支払い続けることになるので大きな経済的負担になります。

 

「お金を払ってでも彼と一緒になりたい」と思うかもしれません。

ですが、それが現実になると精神的にも追いつけめられ、後悔することになる可能性だってあります。

 

略奪愛のリスクはそれほど大きいものです。

「何か起きたらその時2人で考えればいい」なんて甘く考えていると痛い目に遭うので、今のうちに略奪愛のリスクを理解しておきましょう。

 

状況の見極めが大切

 

略奪愛では状況の見極めがとても大切です。

たとえば、相手の男性が「奥さんとは上手くいってなくて…」「彼女とはすぐ別れるつもりだよ」なんて言うかもしれません。

 

ですが、簡単に信じるのはNGです。

なぜなら、そんなことを言う男性を信じても裏切られる可能性があるからです。

 

「略奪愛に応じる男性=他の人の幸せを奪うことに踏み切る人」なので、またいつか他の女性と浮気や不倫を繰り返す可能性も高いでしょう。

また、2人の職場が同じ場合も危険です。

 

配偶者や関係者からの告訴・訴訟に巻き込まれたり、会社内での評判が悪化して周囲との関係が一気に悪くなってしまう可能性もあります。

そうなると、仕事を失うことになるでしょう。

 

「彼と一緒になれるなら他に何もいらない!」と今は思っていても、残念ながら愛だけで永遠に幸せに生きていけるわけではありません。

つまり、一時的な感情で行動するのは絶対に控えるべきです。

 

「恋は盲目」と言われているほど理性や常識を失わせるものなので、いつかの自分自身のためにも冷静に考えてから行動するようにしましょう。

 

略奪愛で不幸になる人と幸せになった人の違いとは?成功のポイント

略奪愛で不幸になる人と幸せになった人の違いとは?成功のポイント

 

略奪愛のその後、不幸になる人も幸せになった人もいます。

さまざまなリスクが伴う略奪愛だからこそ、略奪愛で幸せになるための成功のポイントがあるなら事前にしっかり把握しておきたいでしょう。

 

ここからは、略奪愛で不幸になる人と幸せになった人の違いや成功のポイントについてお伝えしていきます。

 

略奪愛で不幸、幸せになる人の違い
  • 相手に子どもがいる場合は諦める
  • 不倫中に二重生活を持ち掛けない
  • 不倫中に体の関係を持たない
  • DV、モラハラ気質がないか確認する
  • 相手に浮気癖がないかよく確認する
  • 望む未来が同じかどうか確認する
  • 恋人や妻、家族の悪口を言わない
  • 相手を焦って別れさせようとしない
  • 相手をすぐ略奪しようとしない
  • 相手の良いところばかり見えている時は慎重になる

 

【この記事も読まれてます】

セフレを好きになったらどうする?男がセフレを好きになる瞬間は?本命彼女になる方法

 

相手に子どもがいる場合は諦める

 

相手に子どもがいる場合は諦めるべきでしょう。

なぜなら、子どもがいる場合は離婚してくれる可能性は低くなり傾向がある上に、何の罪もない子どもを傷つけてしまう可能性もあるからです。

 

子どもを巻き込むのは避けたいところでしょう。

たとえ離婚するとなっても、慰謝料や養育費などの経済的負担も大きくなり、あなたと相手の関係が悪くなってしまう可能性もあります。

 

略奪愛において、お互いの幸せを第一に考えることが大切です。

子どもがいない相手を選ぶことで将来的なトラブルを避けることができるので、子どもがいるかどうかはぜひ事前に確認しておいてください。

 

不倫している間に二重生活を持ち掛けない

不倫している間に二重生活を持ち掛けない

 

不倫中に二重生活を持ち掛けるのは絶対にやめましょう。

「奥さんより彼を幸せにできる」という自信がどれだけあったとしても、不倫している間に二重生活をするのはとっても危険だからです。

 

生活を共にするのは離婚が成立してからがベストです。

それにきちんと生活にけじめをつけさせないと、「離婚しないでこの生活で良いかも」と男性がだらしない考えに至ってしまうかもしれません。

 

そうなると離婚の話が一向に進まないこともあります。

二重生活が幸せに感じるには最初の頃だけなので、一時的な感情だけで2人の生活を決めようとせず、冷静に真剣に考えてみてください。

 

不倫している間に体の関係を持たない

 

不倫している間に体の関係を持つのもやめておくべきです。

既婚男性と独身女性が体の関係を持つと以下のようなことが起こります。

 

  • 相手を好きな気持ちが燃え上がる
  • 会う頻度が増える
  • 体ありきの関係になる

 

お互いに「体の関係を持つことは良くない」とわかっているからこそ、体の関係を持ってしまうと余計に好きな気持ちが増してしまうものです。

しちゃダメなことに執着してしまうのが人間です。

 

また、体の関係を持つと男女の距離はグッと縮まり、相手を愛しく思うようになり、自然と会う頻度も増えていく傾向があるでしょう。

体の関係を持ったことで、会いたいと伝えることに抵抗がなくなるからです。

 

ただ、一度でも体の関係を持つと会ったときに甘い雰囲気が漂うようになり、結果的には2人が会うときは体の関係が必ずあるようになります。

とは言っても、この状態で既婚男性が離婚することはほぼありません。

 

むしろ、離婚しない方が気楽に付き合うことができるので、「このままの関係を続けるのが1番良い」と考えてしまう男性がとても多いです。

 

相手にDV、モラハラ気質がないかよく確認する

相手にDV、モラハラ気質がないかよく確認する

 

相手にDVやモラハラ気質がないかよく確認することも大切です。

今は相手に夢中で良いところにしか見えていないかもしれませんが、もしかしたらあなたの知らない一面がまだまだあるかもしれません。

 

それがDVやモラハラ気質だったら大変なことです。

略奪愛が成功して彼を手に入れたとしても、後々彼の暴力的な部分が見え始めたら、略奪したことを心の底から後悔することになるでしょう。

 

「こんなはずじゃなかった」と思うかもしれません。

さまざまなリスクを背負う覚悟を決めて行動したのに、実は彼にDVやモラハラ気質があったなんてなったら、人生を棒に振ることになります。

 

そうならないためにも事前によく確認することが大切です。

「優しい彼に限ってそんなことあり得ない」と思っているかもしれません。

 

ですが、人は見かけによらないものなので、絶対に確認を怠らないようにしてください。

 

【この記事も読まれてます】

男性が両思いだと感じる瞬間9パターンとは?両思いだと確信した男性のサインも

 

相手に浮気癖がないかよく確認する

 

相手に浮気癖がないかもよく確認しましょう。

略奪愛において、略奪した相手に浮気癖があって遊び人や女好きである場合、これから先も浮気を繰り返す可能性が極めて高いからです。

 

浮気癖はそう簡単に治るものではありません。

そもそも、浮気癖がある男性にとっての略奪愛は一時的な欲を満たすための楽しみでしかなく、本気の関係を求めていないかもしれません。

 

この場合、2人の目的が食い違っているということになります。

略奪愛を追求する前には、相手の過去や性格を深いところまでよく理解し、お互いに将来を見据えた関係を築いていくことが大切です。

 

二人の望む未来が同じかどうか確認する

二人の望む未来が同じかどうか確認する

 

お互いの望む未来が同じかどうか確認することも忘れてはいけません。

片方は結婚まで視野に入れていたのに、もう片方は大人の火遊びのつもりで一時的に男女の関係を楽しんでいただけなんてこともあります。

 

結局のところ、望む未来が違うなら幸せになれないでしょう。

2人の気持ちが通じ合ってお互いに協力しながら生きていく意思がしっかりあるなら、一緒に願った通りに幸せが手に入りやすくなります。

 

でも、そうでないなら不幸になってしまう可能性が高いです。

彼の本心を知るのは怖いかもしれませんが、本気で略奪愛を考えているなら避けては通れない道なので、勇気を出して話し合ってみてください。

 

相手の恋人や妻、家族の悪口を言わない

 

相手の恋人や奥さん、家族の悪口を言うのはやめましょう。

つい悪口を言いたくなってしまう気持ちはわかりますし、彼が愚痴をこぼせばそれに乗っかりたくなる気持ちもよくわかります。

 

でも、「そうなんだ」で流すのがベストです。

たとえ彼が自分から家族や恋人の話をしてきても、「そっか…色々大変なんだね」と少しの同情でフォローしてあげる程度でいいでしょう。

 

相手を焦って別れさせようとしない

相手を焦って別れさせようとしない

 

「早く別れて私と一緒になってほしい」と思う気持ちはよくわかりますが、相手を焦って別れさせようとするのは絶対にやめましょう。

なぜなら、相手には相手なりのスピードがあるからです。

 

これはあなたがすべて相手のスピードに合わせるというわけではなく、あなたも一緒になって2人のスピードで計画を立てることが大切です。

それに焦らせると相手の負担になってしまう可能性もあるでしょう。

 

何をするにも焦って行動すると良い結果が出ない場合が多いので、今すぐどうこうしようとせず少しずつ確実に計画を進めていくべきです。

 

【この記事も読まれてます】

叶わない恋のスピリチュアルな意味とは?成就しない恋を乗り越えるには?

 

一目ぼれした相手をすぐ略奪しようとしない

 

一目惚れした相手をすぐ略奪しようとするのは危険かもしれません。

恋に落ちたときの人間のIQは非常に低いと言われており、一時的に魅力的に見えていたり、冷静な判断ができていない可能性が高いからです。

 

たとえこの恋が実っても長続きしないでしょう。

まずは相手のことをしっかり知ることが大切なので、少しずつ距離を縮めながら自分の気持ちが本物なのかどうかも確認してみてください。

 

相手の良いところばかり見えている時は慎重になる

相手の良いところばかり見えている時は慎重になる

 

相手の良いところばかり見えている時は好きな気持ちがどんどん増し略奪したくなる一方ですが、そんな時こそ慎重になるべきでしょう。

今は完璧に見えていても、本当はそうじゃない可能性もあります。

 

実はDVやモラハラ気質があったり浮気癖があったりなど、完璧な人間なんていないので、きちんと見極めることが大切です。

誰にだって欠点の1つや2つはあるでしょう。

 

相手を好きという気持ちだけで突っ走ってしまうのはとても危険なため、相手の悪いところはどこなのか探してみることをおすすめします。

 

略奪愛の後、幸福に過ごしているカップルの習慣は?

略奪愛の後、幸福に過ごしているカップルの習慣は?

 

色んなリスクを背負う略奪愛だからこそ、「略奪愛を実行するなら何があっても2人で幸せになりたい」と考えるのは当然のことでしょう。

リスクを冒してまで不幸な道には進みたくないはずです。

 

ここからは略奪愛の後、幸福に過ごしているカップルの習慣についてお話していきますので、ぜひ今後のためにも参考にしてみてください。

 

幸福に過ごしているカップルの習慣
  • 喧嘩を長引かせず、すぐ仲直りする
  • 相手に対する思いやりを持つ
  • 過去に縛られないで未来を見る

 

喧嘩を長引かせず、すぐ仲直りする

 

略奪愛直後はどんなカップルも幸せに暮らすはずです。

でも、どうしても時間が経つにつれて普通のカップルのように喧嘩しますし、略奪愛に関することで喧嘩になることもあるでしょう。

 

過去を綺麗に忘れることなんてできないからです。

略奪愛という大きな困難を乗り越えて結ばれた相手とはいえ、喧嘩をしてすれ違う時間が続くとお互いへの不信感に繋がりやすいでしょう。

 

なので、喧嘩を長引かせず、すぐ仲直りする癖をつけることが大切です。

心理的な距離が開いて別れの原因を作らないためには、どんなに相手に腹が立ったとしてもなるべく早く謝って小さな喧嘩で済ませるべきです。

 

良好な関係を保てるようにプライドを捨てる時も必要でしょう。

 

【この記事も読まれてます】

都合のいい女に毎日連絡する心理とは?どうでもいい女に毎日LINEはしない?

 

相手に対する思いやりを持つ

相手に対する思いやりを持つ

 

愛していた人を捨てて自分の元へ来た相手といると、「いつかまた他の誰かのところへ行ってしまうのでは?」と不安になるかもしれません。

でも、そこでその不安をそのまま相手にぶつけてしまうと喧嘩になりかねないので、相手を信じて思いやりを持つことを心がけましょう。

 

リスクを背負ってまであなたを選んでくれたからです。

小さなことにも感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」「ごめんね」を伝えるように意識すると、より強い信頼関係を築いていくことができます。

 

過去に縛られないで未来を見る

 

ふとした瞬間に彼に元妻や元カノがどうしているのか気になり、「本当にこれで正解だったのかな…」なんて考えてしまうこともあるはずです。

でも、過去に縛られていても良いことはありません。

 

たとえ略奪愛だとしてもせっかく結ばれたなら、過去に縛られず2人の明るい未来についてポジティブに考えるようにしていきましょう。

未来を見ることで略奪愛でも2人は幸せな生活をしていけるはずです。

 

略奪愛を成功させて幸せになったリアルなエピソードを紹介

略奪愛を成功させて幸せになったリアルなエピソードを紹介

 

略奪愛を成功させて幸せになったエピソードをいくつかご紹介します。

 

・LINEでアピールして略奪成功!

「私は、彼女がいる人や既婚男性が好きなので、浮気や不倫の関係の男性が常に数人いました。つまり、私は2番目の女。男性にとっては都合がいいと思うし、何より私がフリーでいたかったんですよね。

 

でも、ある一人の既婚男性を本気で好きになってしまったんです。それに気づいてからは、関係がある男性たちを絶ち、彼に猛アピール。LINEや電話は毎日欠かさず、ただただ彼を待ち続ける日々を送るようになりました。

 

1年半ほどが過ぎ、彼の離婚が成立。現在は、一緒に暮らしていて、11月に挙式をあげる予定です。今思えば、離婚するまでの1年半が一番濃密で、LINEも過激な内容が飛び交っていましたね」

引用:oggi

 

・一度は忘れたけど忘れられなくて…

「私は、会社の上司(45歳)と不倫していたのですが、些細なことがきっかけで彼の奥さんにバレてしまい、一度別れたんです。しかし、別れても会社にはいるし、毎日顔を合わせるので、どうしても忘れらなかったんです。

 

数ヶ月経っても、好きな気持ちは変わらず、復縁したいと伝えたところ、月イチくらいのペースで会ってくれることに。それからは、彼と会えるのが楽しみで楽しみで。しつこく思われないように連絡は待つスタイルで、突然彼が私の家に来てもいいように、環境は整えていました。

 

でも段々、月イチでは物足りなくなってきて…。会う頻度を増やしてもらい、いつしかお互いに一緒になりたいと気持ちが一致。今年の始めに、離婚を決意してくれました。現在、離婚調停中です」

引用:oggi

 

・学生時代の友達を失くしてでも…

「学生時代からの女友達の彼氏を寝取って、付き合っています。もともと私たちは、大学のサークル仲間。そのときから、その女友達は彼と付き合っていました。

 

社会人になってなかなか集まることがなかったのですが、数年ぶりに集まることになって。結婚間近だろうと、彼に聞くと最近うまくいってないのだとか。彼から飲み会そっちのけで深く相談されました。終電間際、女友達が彼を置いて帰ってしまったんです。

 

その後、彼は酔っ払って、何度もキスをせがんできて。。私は友達関係を壊したくなくて断っていたのですが、結局してしまい、その勢いでエッチまで。

 

ひと晩だけだろうと思ってたのですが、何度も会うようになったんです。そうするうちに、私がどんどん好きになってしまいました。どうしても私のもとに来て欲しくて、セフレでもいいから、と駆け引きをしながら、略奪するかたちで彼と付き合うことになりました。

 

案の定、彼女とは連絡も取れないし、大学のみんなとも疎遠に。彼がいるから大丈夫と思っていますが、やっぱり後ろめたさはあります」

引用:oggi

 

不倫しても離婚はしない既婚男性が多いイメージが強いものの、中には不倫相手の女性に本気になり、実際に離婚する男性もいます。

それほど本気で好きになってしまったのでしょう。

 

周囲からは理解されづらい略奪愛ですが、2人が惹かれ合ってしまったのならそれはそれで運命なので、今後どうしていくかは2人次第です。

なので、ここまでお伝えした内容を参考に2人の関係を再度考えてみてください。

 

【この記事も読まれてます】

マジ惚れしてる女性だけにする男の行動15選!付き合う前の男性が本命にしかしない愛情表現

まとめ

まとめ

 

ここまで略奪愛のその後は幸せになれるのかどうかを詳しくお伝えしてきました。

 

今回のまとめ
  • 略奪愛後は幸せになった人が多い
  • ただ不幸になった人もいる
  • 子どもがいる場合は諦めること
  • また体の関係を持たないことも大切
  • 関係を焦らないようにもしよう

 

略奪愛の後は、幸せになる人もいれば不幸になる人もいます。

相手に子どもがいるかどうか、相手にDVやモラハラ気質がないか、2人の望む未来が同じかどうかなど略奪愛成功のポイントはたくさんあります。

 

ただ、略奪愛にはリスクがあることも確かです。

最悪の場合、大切な人や仕事、お金を失うことになり、「こんなことになるなら出会わなきゃよかった」とさえ思ってしまうかもしれません。

 

とても恐ろしいですが、それが略奪愛です。

でも、略奪愛で幸せになったカップルもいるので、お互いが本気で好きならリスクを理解した上で2人で生きていくのも1つの選択でしょう。

 

略奪愛の後は過去に縛られず、相手に対する思いやりを持つことが大切です。