恋愛

自然消滅の最後のラインとは?彼氏から連絡来ない心理は?自然消滅しそうな時の対処法

自然消滅の最後のラインとは?彼氏から連絡来ない心理は?自然消滅しそうな時の対処法
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「自然消滅の最後のラインってどんな内容?彼氏から連絡来ない心理や自然消滅しそうなときの対処法を知りたい」

 

彼氏とのラインのやりとりが突然途切れると、このまま音信不通になって自然消滅に繋がるんじゃないかと思ってしまいますよね。

長い期間彼氏から連絡が来なくて不安な人は、こんな疑問を持っていることでしょう。

 

  • 自然消滅の最後のラインはどんな内容?
  • 彼氏が連絡してこない心理は?
  • 自然消滅しそうなときの対処法は?

 

そこで今回は、自然消滅最後のラインの内容についてくわしく紹介していきます。

また、彼氏から連絡来ない心理や、最後のラインから自然消滅しそうな時の対処法も解説しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

自然消滅の最後のラインとは?そのまま別れに至るLINEの内容

自然消滅の最後のラインとは?そのまま別れに至るLINEの内容

 

男性が彼女と別れようと考えているとき、一方的にLINEを終わらせて自然消滅に持っていくことがあるものです。

実は、そのまま別れに至るLINEの内容には特徴があります。

 

「彼氏がフェードアウトしようとしてるかも…」と思っている人は、該当するものがあるかぜひチェックしてみてくださいね!

自然消滅のLINEの内容について、それぞれ具体的に解説していきます。

 

自然消滅の最後のライン
  • LINEで喧嘩中に連絡が途絶える
  • 未読無視・既読無視が数回続く
  • 別れを感じさせる文言
  • どちらかがどちらかを責めた言葉
  • デートの誘いを断る文言で終わる
  • 曖昧な〆の文言で終わっている

 

LINEで喧嘩している最中に連絡が途絶える

 

LINEで喧嘩している最中に連絡が途絶えるとき、彼氏が自然消滅を狙っている可能性大ですよ。

喧嘩したことがきっかけで、あなたと関係を続けるのが難しいと判断したのでしょう。

 

そして、彼女と喧嘩をした勢いのままで「もう無理だから別れよう」と決意する男性もいるものです。

仲直りする気があるなら、一時的に音信不通になっても必ず連絡が来ます。

 

しかし、「もう何週間も放置されてる…」「数ヶ月間連絡がない…」そういったケースは自然消滅と言えるでしょう。

再度連絡する気もないということなんですね。

 

さらに喧嘩したあとにあなたから何度連絡しても反応がない場合も、一方的に関係を終わらされたと考えられます。

 

未読無視・既読無視が数回続く

未読無視・既読無視が数回続く

 

未読無視・既読無視が数回続くのも、そのまま別れに至るLINEの典型例です。

あなたから何度LINEしても反応してくれないのは、彼からの「このまま関係を終わらせたい」という遠回しのメッセージでしょう。

 

ただ、連絡不精な男性の場合、悪気なく未読無視・既読無視することもあります。

また単純に仕事などで忙しかったり、急な体調不良だったりで対応できない状態が続いている場合もあるでしょう。

 

その場合は、ちょっと待っていれば連絡があるはずです。

もともとマメなタイプの男性なら、突然の未読無視・既読無視は分かりやすい別れのサインと言えます。

 

もちろん、本人が普段から「ラインが苦手」といっていれば、別れの意図はないかもしれません。

ただしLINEに無頓着であっても、あまりにも回数が多い・期間が長いのであれば、彼氏が完全にあなたを拒絶している可能性は高いですよ。

 

無頓着で苦手だからこそ、もう連絡する気力も起きない状況になっているのでしょう。

 

「今までありがとう」等、別れを感じさせる文言

 

「今までありがとう」「元気でいてね」など、意味深なLINEを送ってきて以来連絡が途絶えていませんか?

彼氏からの別れを感じさせる文言は、自然消滅最後のLINEと考えられます。

 

脈略もなく「今までありがとう」「元気でね」「ごめんね」とメッセージを送ることで、別れを伝えた気になっているのでしょう。

はっきり別れを告げられない男性は、遠回しなやり方で彼女に気持ちを察してもらおうとします。

 

あなたに泣かれたり責められたりするのがイヤなのと、どこかで「面倒」という思いがあって自分の本音を言えないのです。

また別れを伝えることによって、あなたの中で自分が悪者になるのも避けたいのでしょう。

 

要するに一方的に別れを感じさせる文言を送り、あなたと向き合うことから逃げているということです。

 

どちらかがどちらかを責めたような言葉で終わっている

どちらかがどちらかを責めたような言葉で終わっている

 

どちらかがどちらかを責めたような言葉でLINEが終わっている場合も、彼氏はそのままフェードアウトしようとしているのでしょう。

責めるような言葉を発したのが、彼氏の場合とあなたの場合どちらもあり得ます。

 

彼氏があなたを責めてLINEを終わらせたのは、もともと別れるつもりだったからと考えられます。

いわゆる「捨て台詞」のようなものですね。

 

別れることが自分の中で決まっていると、いつもは言えない不満や怒りも露わにしやすいものです。

逆にあなたが責めて終わったなら、彼氏は完全に心を閉ざしたのでしょう。

 

自分が送ったLINEを見返して「言い過ぎた」「傷つけた」と少しでも感じるなら、彼氏はそれを機に別れを決意した可能性があります。

彼のプライドや心を深く傷つけてしまったのかもしれません。

 

【この記事も読まれてます】

別れた後にやってはいけないことは?失恋後にやってはいけないことを解説!

デートの誘いを断る文言で終わっている

 

あなたからデートに誘ったものの彼氏が断る文言でLINEが終わっている…こういったパターンも自然消滅の最後のLINEにありがちですよ。

デートを断られた上に放置されるのは、女性としてはかなり辛い状況ですよね。

 

しかしデートの誘いを断ったきり全く連絡してこないのは、「もう会う気がない」という意思表示と捉えられます。

「これで別れたいってわかってね」という意図があるんです。

 

彼女への愛情がなくなった途端、誘いをきっぱり断り、そのままフェードアウトしようとする男性もいるものです。

また、会う気がないのは話し合う気もない証拠と言えるでしょう。

 

彼の中では別れたい気持ちが高まっているため、わざわざ会って別れ話をするのも面倒に感じているのです。

目の前で別れ話をするのは、それなりにエネルギーを使うものですよね。

 

泣かれるのもイヤだし、あっさり受け入れられるのもなんだか悔しいのでLINEでスルーしたいのでしょう。

 

「また連絡する」など、曖昧な〆の文言で終わっている

「また連絡する」など、曖昧な〆の文言で終わっている

 

自然消滅を狙っている男性は、曖昧な〆の文言でLINEを終わらせることもあります。

「また連絡する」「おつかれさま」「じゃあね」などの文言でやりとりを一旦終了させて、そのまま連絡しないという流れです。

 

曖昧なメッセージを送ってフェードアウトするのは、追われたくないからでしょう。

「別れよう」ときっぱり言ったら、「会って話をしたい」となるのは当然わかっているはずです。

 

会えばいつまでも引き止められそうだ、面倒だなと心配しているのですね。

はっきりしない状態で放置しておいたほうが、スムーズに関係を終わらせられると考えています。

 

もしかしたらこれまで彼氏を縛り付けるような言動や行動をしていませんでしたか?

特にあなたが彼氏にベッタリ依存していたなら、追われていつまでも別れられないと懸念した可能性は高いですよ。

 

彼氏から連絡来ない心理は?いつまでも連絡してこない男性心理

彼氏から連絡来ない心理は?いつまでも連絡してこない男性心理

 

彼氏から連絡がこないと、「嫌われたかもしれない」「もしかしてフェードアウトしようとしてる?」と、ネガティブに考えてしまいますよね。

ただ、男性が彼女にLINEや電話をしなくなるのには、人によって様々な理由や意図があるものです。

 

そこで、ここではいつまでも連絡してこない様々な男性心理をご紹介していきます。

それぞれの心理について順に解説していくので、彼氏の状況に照らし合わせてみてください。

 

彼氏から連絡来ない心理
  • 付き合いが苦痛で自然消滅してもいい
  • 彼女に対して冷めている
  • 彼女側から連絡がほしい
  • 彼女の愛情を試している
  • 恋愛の優先度が低くなっている

 

【この記事も読まれてます】

振られた側から復縁成功する女の特徴とは?元カレと復縁する方法やきっかけ!

付き合いが苦痛で自然消滅してもいいと思っている

 

彼氏が連絡してこない心理としてまず考えられるのは、「あなたと自然消滅してもいい」と思っていることです。

むしろ、自然消滅したいと願っているのかもしれません。

 

また自然消滅という形で関係を終わらせようとするのは、彼氏にとってはそれだけ付き合いが苦痛だったからでしょう。

恋人同士という関係性に苦痛を感じる理由は、人によって異なるものです。

 

具体的には、「喧嘩が多くて疲れる」「欠点を受け入れられなかった」などが考えられます。

耐えていたけれど限界が来てしまったともいえるでしょう。

 

どうしても別れたいけど、別れ話をするために向き合うのは面倒…そう思ってしまったと考えられます。

男性は、自分の気持ちを隠すのが上手くはありません。

 

そのため彼女と別れたい気持ちが大きくなると、これまでとはガラリと対応が変わり、結果的に自然消滅に向かってしまうこともあるのです。

 

彼女に対して冷めていて、どうなってもいいと思っている

彼女に対して冷めていて、どうなってもいいと思っている

 

彼女に対する愛情が冷めていると、連絡をしなくなる男性は珍しくありません。

連絡を忘れる・または意図的に連絡しないくらい冷めていると2人の関係がどうなってもいいとさえ思っているものです。

 

ひとまず2人の関係のことは考えず、自分の趣味などに打ち込みたい男性もいます。

ただし冷めた状態がずっと続くとは限らず、時間の経過とともに愛情が復活する可能性はあるでしょう。

 

どんなカップルでも、ずっと強い愛をキープし続けるのは難しいものです。

仕事が忙しくなったり趣味に打ち込みたくなったりと、状況などで相手に対する思いに波があるのは当然のことと言えます。

 

恋愛から遠ざかりたいと思うときもあるはずです。

また、冷めている間は「もうどうなってもいいや」「別れることになったって構わない」と極端に考えてしまうこともあるでしょう。

 

それでも相手を好きな気持ちを取り戻したら、また「大切にしよう」と思えるものです。

そのため、彼氏が冷めて連絡してこなくなっても深く落ち込まず、今はそういう時期なだけだとポジティブに捉えましょう。

 

彼女側から連絡がほしい

 

彼氏からの連絡がないのは自然消滅を狙っていたり、あなたへの愛情が冷めたりなど、ネガティブなことばかりが理由とは限りません。

好きだからこそ、連絡しない男性もいるんです。

 

彼女側から連絡がほしいと思っていて、いつまでも自分からアクションを起こさない男性もいますよ。

例えばプライドの高い男性は、喧嘩をしたあと自分から連絡できない傾向があります。

 

また基本的に受け身な男性の場合、彼女のことが好きすぎるがゆえに「今連絡したら迷惑かも…」などと考え、ずっと待ってしまいがちです。

こういったケースでは、彼女から連絡がくると男性は嬉しい気持ちになるでしょう。

 

あなたの彼氏が連絡待ちしそうなタイプなら、良好な関係を保つためにも積極的にLINEや電話をしてあげるのがベストです。

 

【この記事も読まれてます】

振った側から復縁を言い出せない?自分勝手?振ったけど復縁したい時の対処法

自分から連絡しないことで、彼女の愛情を試している

自分から連絡しないことで、彼女の愛情を試している

 

中には彼女の愛情を試すためだけに、あえて自分から連絡しない男性もいますよ。

この場合、彼氏は本当にあなたに愛されているのか分からず、不安を感じているのでしょう。

 

男性としての自信を失っているのかもしれません。

そのため連絡しないことで追われる状況を作り、あなたがどんな行動をとるかで愛情を確認しようとしているのです。

 

最近、彼氏のことを不安にさせるような言動をとっていませんでしたか?

仕事や趣味が忙しいことを理由にデートをキャンセルしていたり、他の男性の話題をよく出したりなど、心当たりがあるなら注意が必要ですよ。

 

もし心当たりがあるなら早めに連絡してあげるといいですね。

彼氏は愛情を試したいと思うほどあなたのことが大好きなのですから、なるべく心配させないよう行動しましょう。

 

単純に忙しく、恋愛の優先度が低くなっている

 

男性は仕事や趣味などで忙しくなると、つい彼女への連絡を後回しにしてしまう傾向があります。

つまり彼氏が連絡してこないのは、単純に忙しさが原因で、無自覚に恋愛の優先度が低くなっているからとも考えられるのです。

 

優先順位が変わったとはいえ、あなたへの愛情がなくなったわけではありません。

そもそも男性は複数のことを同時進行でこなすのが苦手で、1つのことに集中してしまう癖があります。

 

ただ単に時間や気持ちに余裕がなくなっただけなのです。

そのため、「仕事より私のほうが大事なんだ」「趣味の方が大切なのね」などとマイナスに捉える必要はないですよ。

 

忙しさが落ち着いたら、彼氏のほうから連絡してくるようになるでしょう。

 

最後のラインから自然消滅しそうな時の対処法をくわしく解説!

最後のラインから自然消滅しそうな時の対処法をくわしく解説!

 

彼氏が明らかに自然消滅を狙っていると気づいたら、ショックと同時に「このまま終わりたくない」という気持ちにもなりますよね。

そこで、ここでは最後のラインから自然消滅しそうな時の対処法を紹介していきます。

 

以下の5つのポイントを押さえて、アプローチしましょう。

 

自然消滅しそうな時の対処法
  • 焦らず少し冷却期間を置く
  • 時間を置いたら普段通り軽い連絡
  • LINEでは日常会話を楽しむ
  • 通話にステップアップする
  • 早めに会い仲を修復する

 

焦らず、少し冷却期間を置く

 

たとえ彼氏が自然消滅で関係を終わらせようとしていても、慌ててコンタクトをとろうとするのはNGです。

決して焦らずに、最後のLINEから少し冷却期間を置くようにしましょう。

 

すぐに連絡すべきでない理由は、彼氏があなたに対して心を閉ざしている状態だからです。

そんな中でLINEや電話をしても、余計に彼の気持ちは離れてしまうでしょう。

 

しかしある程度しっかり距離を置くことによって気持ちが落ち着き、あなたとの関係を前向きに考え出す可能性があります。

また自然消滅から復縁するための冷却期間は、1ヶ月~3ヶ月程度がベストです。

 

数週間では彼氏の別れに対する意思は変化しないし、長すぎると完全にあなたのことを吹っ切ってしまう恐れがあるため、注意しましょう。

「冷却期間なんて置いたら他の人にとられそう…」などと、ネガティブに考える必要はありません。

 

彼だけでなくあなたにとっても、気持ちをリフレッシュできる時間にしてくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

復縁したい時に振られた側がすべきことは?冷却期間や振られた復縁体験談!

時間を置いたら、普段通り軽い連絡を入れる

時間を置いたら、普段通り軽い連絡を入れる

 

少し時間を置いたら、あなたから普段通り軽い連絡を入れてOKですよ。

冷却期間の中で彼氏の気持ちが落ち着いていれば、あなたからの連絡に対応してくれるでしょう。

 

ここでは、あくまで軽い気軽な連絡を入れることがポイントです。

例えば「久しぶり、元気してた?」「最近どうしてるの?」など、短めの文章を送ってみてくださいね。

 

連絡が途絶えたことに触れず、当たり障りのない言葉をかけるのがベストですよ。

自然消滅で別れようとしたことに対して、彼氏は「申し訳ないことをした」と感じている可能性があります。

 

だからこそ、何事もなかったように接するのがベストなんです。

申し訳ないと思っているところに、あなたが責めることなくごく普通に接してくれたら、ありがたく思うのは間違いないでしょう。

 

優しさが心にしみわたって、あなたに惚れ直すことも期待できます。

 

LINEでは重い話をせず、日常会話を楽しむ

 

LINEのやりとりが続いたら、彼氏との日常会話を楽しむことを意識してくださいね。

ここで非常に重要なのは、LINEではあなたから重い話をしないことです。

 

彼氏に対する愛情を綴った長い文章を送ったり、連絡がなかったことを「寂しかった」と伝えたりするのは絶対にやめておきましょう。

内容に重みがあればあるほど、彼氏は返信する気をなくしてしまいます。

 

せっかく自然消滅からLINEのやりとりができるまで進展したのに、また拒絶されるのは悲しすぎますよね。

重い話をしたくなったら、「今は我慢すべきとき」と考えて堪えましょう。

 

久しぶりのLINEで重い話を持ち掛けられたら誰でも気が滅入ってしまいますし、返信をするのも気を使ってしまいます。

気軽で明るい会話を楽しむことで、2人の心の距離感は縮まっていきますよ。

 

例えば野球が好きな彼なら「昨日の試合見た?すごかったね」など、気楽に返事ができる話を選ぶといいですね。

 

日常会話が続くようなら、通話にステップアップする

日常会話が続くようなら、通話にステップアップする

 

LINEで彼氏との日常会話が続くようなら、次は通話にステップアップしてください。

ずっとLINEだけのやりとりを続けているよりも、電話でコミュニケーションをとったほうが、さらに関係は深まりやすくなります。

 

直接声を聞くと、距離も縮まりますよね。

焦ってすぐ通話しようとするのはダメですが、ダラダラとLINEを続けていては復縁のチャンスを逃してしまうでしょう。

 

とはいえ、電話にも注意点があります。

電話での会話は、気軽で楽しい日常的な話題のみに留めておくようにしてくださいね。

 

そして短時間で終わらせるのもポイントです。

長々と愚痴を話したり、彼氏への不満を一方的にぶちまけたりというのは再会を遠ざけてしまいます。

 

「やっぱり彼女とはやっていけない」となるリスクもありますよ。

もちろん焦って電話で「よりを戻したい」「あなたと別れたくない」と切り出すのも、やめておきましょう。

 

通話へのステップアップは、あくまで彼氏と再会するための通過点と考えてください。

LINEや電話だけでは、やはりお互いの本音は伝わりずらく、もちろん復縁に向けてしっかりとした話し合いもできません。

 

彼と再会して話をするためにも、電話をうまく利用してくださいね。

 

【この記事も読まれてます】

尽くしてくれた彼女との別れを後悔する瞬間とは?男性の心理と復縁方法を解説!

通話できたら、なるべく早めに会い仲を修復する

 

自然消滅しようとした彼氏とのコミュニケーションがLINEから通話へとステップアップしたら、なるべく早めに会う約束をしましょう。

文章や電話より、やはり対面の方が意図が伝わりやすいのです。

 

通話できるまでに進展した場合、実際に会って仲を修復する方向に進んでいくのがベストですよ。

直接会って話をするほうが、お互いの気持ちを伝えやすく2人の今後のためになります。

 

また彼氏が通話をOKしてくれたということは、ある程度2人の仲は修復しかかっている状態でしょう。

本当にイヤだったら、会うことは拒むはずだからです。

 

だからこそ、すぐにでも会う時間を作って顔を合わせて話すことが、スムーズな関係修復に繋がります。

ただ、必ずしも関係が修復できるわけではないことも心に留めておきましょう。

 

場合によっては、話し合うことでお互いに「やっぱり別れるべきかな…」と納得できる可能性もあるものです。

しかしそれはそれで、お互いにとって前向きな気づきと言えますよね。

 

恋人同士としてやり直すことになっても、別々の道を進むことに決まったとしても、会うことで完全にギクシャクした状態ではなくなります。

自然消滅はいつまでも心に残り、次の恋愛に行けなくなる人も多いものです。

 

その点、お互い納得できるまでしっかり話し合えたなら、たとえ別れたとしても気持ちも前向きになれるというもの。

仲を修復し素敵な関係になるためにも、勇気を出して会う提案をしてみてくださいね。

 

まとめ

まとめ

 

今回は、自然消滅の最後のラインや彼氏から連絡が来ない心理、自然消滅しそうな時の対処法についてお話ししました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 最後のラインで自然消滅か確認できる
  • 冷めたなどは連絡来ない心理
  • 愛情を試していることもある
  • 冷却期間を置いてから連絡を取る
  • 通話したら早めに会うことが大切

 

彼氏が自然消滅で別れようとしてると感じたときには、最後のラインがどんな内容だったかチェックしましょう。

単に忙しくて連絡が取れない場合もあるからです。

 

しかし喧嘩している最中に連絡が途絶えたり、何度も未読無視や既読無視されたりは自然消滅を狙っているでしょう。

「元気でね」など別れを感じさせる意味深な文言も別れのラインといえます。

 

さらに、デートの誘いを断られて終わったり、返信する気がなさそうな曖昧な〆の文言だったりも自然消滅の可能性大です。

ただしその状態から関係を修復することは、できないわけではありません。

 

必ず少し冷却期間を置いた上で、あなたから軽い内容のLINEを送ってみてください。

そしてやりとりが続くようなら通話にステップアップし、すぐにでも会う約束をして仲を修復しましょう。

 

慌てずに距離を縮めていくことが、よりを戻すための重要なポイントですよ。

関係を修復したいのであれば、彼氏の気持ちに寄り添い少しずつ仲を深めていくことを意識しましょう!