恋愛

復縁したい振られた側がすべきことは?冷却期間の過ごし方や復縁する方法!

復縁したい振られた側がすべきことは?冷却期間の過ごし方や復縁する方法!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

「復縁したい振られた側がすべきことって何?冷却期間の過ごし方や復縁する方法を知りたい!」

 

復縁したい振られた側は、どうすればいいのか迷ってしまう人は多いはず。

振られたけど復縁に向けて頑張ってみようと決意したとき、このような疑問を持たれることも多いのではないでしょうか?

 

  • 復縁したい振られた側がすべきことは?
  • 冷却期間の過ごし方は?
  • 振られた側が復縁する方法はある?

 

そこで今回は、復縁する方法や冷却期間の過ごし方などについてわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

 

復縁したい振られた側がすべきことは?復縁する方法を6ステップで解説

復縁したい振られた側がすべきことは?復縁する方法を6ステップで解説

 

振られてしまった立場であっても、「何とかして復縁したい」「本気で好きだからどうしても諦めきれない」と思うことは当然あるでしょう。

そう思うのはそれだけ相手を好きである証拠です。

 

振られた原因にもよりますが、たとえ一度振られてしまってもそこから復縁できる可能性はあるため、頑張ってみる価値は十分にあります。

まずは、復縁したい振られた側がすべきことをご紹介していきます。

 

復縁する方法を6ステップでわかりやすく解説していきますので、本気で復縁を目指している人はぜひ参考にして行動してみてくださいね。

 

復縁したい振られた側がすべきこと
  • STEP1:可能な限り円満に別れる
  • STEP2:「別れた」事実を受け入れる
  • STEP3:十分な冷却期間を設ける
  • STEP4:タイミングを見て連絡する
  • STEP5:信頼できる友達になる努力
  • STEP6:異性として魅力を再アピール

 

復縁までのSTEP1:可能な限り円満に別れる

 

復縁するためには、可能な限り円満に別れるようにしましょう。

なぜなら別れ際のイメージは相手に強く残りやすく、ここでしつこくすがってしまうとネガティブなイメージが持たれてしまうからです。

 

振られた側は泣いたり怒ったりなど、どうしても取り乱しやすくなってしまいますよね。

でも一度ネガティブなイメージを持たれてしまうと、そのイメージをリセットするには長い時間がかかります。

 

最悪の場合は、もう復縁できない可能性もあるんです。

そうならないためにも、できればキレイに別れるのがベストでしょう。

 

大好きな恋人との別れはとても辛くて、耐えがたいもの。

「悪いところがあるなら全部直すから!」とすがりつきたくなってしまう気持ちはよくわかります。

 

でもあっさりしているくらいの方が、復縁には効果的なんです。

一旦キレイに別れてしまった方が復縁できる可能性が高くなるので、別れたくない気持ちをグッと堪えて円満に別れることが大切です!

 

復縁までのSTEP2:「別れた」という事実をしっかり受け入れる

復縁までのSTEP2:「別れた」という事実をしっかり受け入れる

 

まずは「別れた」という事実を素直に受け止めましょう。

当たり前のように思われますが、「別れた」という事実を受け入れるのは誰にとっても意外と難しいもの。

 

特に、自分にとって突然の別れ話だとパニックになってしまうことも珍しくありません。

でも、「別れた」という事実をしっかり受け入れられなければ復縁することはできず、いつまでも前に進めない状況が続いてしまいます。

 

大好きな人との別れが受け入れられないのは当然のこと。

相手のことを本気で好きであればあるほど、別れたくないとすがりついてしまうものですよね。

 

そんなときは相手の気持ちを考えてみてください。

振った側よりも振られた側にかわいそうなイメージが持たれやすいですが、振った側だって一度本気で好きになった相手と別れるのは辛いはず。

 

それでも別れを決めたのは、何らかの問題があったからです。

我慢できないことや、もしかしたら言葉や行動に傷ついたようなことが何度もあったのかもしれません。

 

振られた側の人はどうしても自分が傷つけられたと思ってしまいますよね。

自分の気持ちを押し付けてしまいやすいものの、相手のためにも「別れた」という事実を受け入れていかなければいけません。

 

復縁までのSTEP3:十分な冷却期間を設ける

 

復縁を成功させるためには、十分な冷却期間が必要です。

冷却期間の長さは別れた原因や別れ方によって異なりますが、最低でも1ヶ月程度、別れ方が悪い場合は半年~1年程度は設けるべきでしょう。

 

辛いかもしれませんが、冷却期間にメリットは多いんです。

お互いに距離と時間を置くことで冷静さを取り戻すことができ、相手のあなたに対するイメージを良い意味でリセットすることもできます。

 

もちろん、冷却期間中は一切連絡も取りません。

別れた直後の振った側は怒りや失望感など相手へのネガティブな感情が溢れ、完全にフラットな目線で考えられない状態の場合が多いものです。

 

つまり、別れた直後に振られた側がアプローチするのは逆効果だといえるでしょう。

復縁どころかより一層相手を不快な気持ちにさせてしまい、「やっぱりこの人と別れて正解だ」とさえ思わせてしまう可能性だってあります。

 

最悪な状況を招かないためにも、冷却期間は絶対に必要です。

 

復縁までのSTEP4:タイミングを見て連絡する

復縁までのSTEP4:タイミングを見て連絡する

 

冷却期間を設けた後は、タイミングを見て連絡してみましょう。

最初から復縁話を持ち出してしまうと警戒されてしまう可能性が高いので、まずは相手が返信しやすい軽い内容のメッセージがベストです。

 

特におすすめなのは、誕生日やお正月などのイベントを狙うこと。

誕生日を祝われて嬉しくない人なんていませんし、「誕生日おめでとう!良い1年にしてね!」ととても自然な流れで連絡することができます。

 

また、相談事や共通の友だちとの遊びの誘いなどもおすすめです。

連絡する口実があると相手もスムーズに受け止めてくれるので、相手が返信しやすい内容のメッセージを送ることを意識してみてください。

 

あまりにも深刻な相談事や2人っきりの遊びはおすすめできません。

相談は相手の得意分野で、「○○したいんだけど、どうすればいい?」などすぐに応えられるものがいいでしょう。

 

遊びは、大勢が集まるバーベキュー大会やカラオケなど気楽なものがおすすめですよ。

 

【この記事も読まれてます】

元カレに新しい彼女がいても復縁成功!元彼に彼女がいても復縁できる理由とは?

 

復縁までのSTEP5:信頼できる友達になれるよう努力する

 

復縁したい気持ちが強いほど「カップル」に戻ることに意識がいってしまいがちですよね。

しかし、まずは信頼できる友達になれるよう努力することが大切です。

 

連絡を取り合える仲になっていくと、振られた側は付き合っている延長の気分になるものの、振った側は気持ちをリセットしている状態。

そのため、ここは相手に合わせることを優先させるべきでしょう。

 

復縁のことは一旦忘れて、まずは良い友達として信頼関係を保てるように努力していくことで、それが復縁への近道になる可能性が高いんです。

良い友達になるための具体的な方法は、以下の通り。

 

  • 異性的なアピールは控える
  • 復縁したい気持ちを感じ取らせない
  • 相手の悩み相談に乗る
  • 困っていたら助ける

 

信頼できる友達になることができれば、相手もあなたと気軽に交流しやすくなるでしょう。

すると、2人でご飯を食べにいく機会も増えていきます。

 

「友達なんて嫌だ」と思う人もいるかもしれませんが、これも復縁するために必要な過程だと捉え、友達として良い関係を築いてみてください!

 

復縁までのSTEP6:少しずつ異性としての魅力を再アピールする

復縁までのSTEP6:少しずつ異性としての魅力を再アピールする

 

友達として信頼関係を築けた後は、復縁の最終ステップに突入します。

良い友達から恋愛関係になるためには、少しずつ異性としての魅力を再アピールし、時には素直に自分の気持ちを伝えていくことが大切です。

 

とはいっても、なかなか自分の気持ちを表現できないものでしょう。

特に、女性の場合は自分からアピールするのは気が引けてしまう人が多いかもしれません。

 

でも、ただ待っているだけでは何も変わりません。

少しずつでも異性としての魅力をアピールしたり、自分の気持ちを素直に伝えていたりすることは復縁するためには欠かせない大切なステップです。

 

ただ、相手が嫌がるような行動はNGですよ。

しつこくするとこれまでの努力が水の泡になってしまうので、必要以上のアピールは避け、相手の様子を見ながら距離を縮めてみてください。

 

復縁したい振られた側の冷却期間の過ごし方は?別れの原因の分析を!

復縁したい振られた側の冷却期間の過ごし方は?別れの原因の分析を!

 

続いては、冷却期間の過ごし方についてみていきましょう。

復縁したい振られた側の冷却期間は、ただボーッと時間が過ぎるのを待っているだけでは意味がありません。

 

貴重な冷却期間は、正しく時間を使っていくことが大切です!

振られた側の冷却期間の過ごし方についてわかりやすく解説するので、復縁の可能性を高めるために参考にしてみてください。

 

振られた側の冷却期間の過ごし方
  • 絶対に自分から連絡しない!
  • 別れに至った原因を徹底分析
  • 自分の欠点と向き合い、直す
  • 外見の魅力をアップさせる
  • 自分磨きで人間としての魅力をアップ
  • 多くの人と関わり、視野を広げる

 

冷却期間は絶対に自分から連絡しない!

 

冷却期間はネガティブなイメージをリセットさせ、冷静さになるための期間なので、寂しくても辛くても絶対に自分から連絡してはいけません。

ここで連絡してしまうと、冷却期間を設ける意味がなくなります。

 

相手に伝えたいことはたくさんあると思いますが、今は自分の気持ちを伝えるよりも、お互いの生活から離れて過ごすことが最優先です。

特に振られた側からの連絡は、振った側に嫌われる原因に。

 

相手にもたっぷり時間を与えることで、2人で楽しく過ごしていた頃を思い出してもらうことができ、復縁の可能性が高まっていくでしょう!

 

【この記事も読まれてます】

元カノに連絡したくなる時期は?男性心理や復縁したくなる女の特徴とは?

 

なぜ別れに至ったか原因を徹底分析する

なぜ別れに至ったか原因を徹底分析する

 

冷却期間がスタートしたら、別れた原因を徹底分析することが大切です。

今回はあなたが振られた側の立場なので、「どうして振られてしまったのか」「自分のどこがダメだったのか」を考えていく必要があります。

 

別れた原因を理解することで、改善すべき点が明確になっていくはずです。

例えば、相手への束縛や嫉妬が強かった場合、相手は自由がないことに嫌気がさし、あなたとの別れた決意したということになるでしょう。

 

束縛するあまり、LINEの返信を強要したなども原因になりやすいもの。

別れ話で相手から言われたことを思い出しながら、別れに至った原因や付き合っていた頃に良くなかったことをしっかり分析してみてください。

 

自分の欠点と向き合い、直す

 

自分の欠点を改善するのも、冷却期間中にやるべきことのひとつ。

別れた原因が片方だけにあるとは限らないものの、振られてしまったからには多少なりとも自分に欠点があったと考えるべきでしょう。

 

また、その欠点をしっかり改善していくことが大切です。

自分の欠点を見て見ぬふりして過ごすこともできなくはないですが、そのまま復縁しても同じことが原因で別れてしまう可能性があります。

 

欠点を直すことで、復縁だけでなく周囲との人間関係もよくなるメリットもありますよ。

「ちょっとしたことですぐに機嫌が悪くなってしまう」が原因の場合は、友人もウンザリしていたかもしれません。

 

これからは、不機嫌になりそうでも気持ちを切り替え練習をするといいでしょう。

難しそうに思えますが、何度も気を付けていると、こういった癖は直していけるものなんです。

 

同じことの繰り返しはお互いのために避けたいですよね。

自分の欠点を素直に認めることは意外と難しいですが、復縁のためにも今後の自分自身のためにもなると思って少しずつ努力してみてください!

 

ダイエットやイメージチェンジをして外見の魅力をアップさせる

ダイエットやイメージチェンジをして外見の魅力をアップさせる

 

ダイエットやイメージチェンジをして外見の魅力をアップさせることで、相手が別れたことを後悔してくれる可能性がグンッと高くなります。

結局のところ、見た目の変化は何よりもわかりやすい部分だからです。

 

実際に振った側の人が自分と付き合っていた頃よりも素敵になっている元恋人の姿を知り、復縁したくなることは意外とよくあること。

「別れるんじゃなかった」と後悔し、復縁したくなるのでしょう。

 

それほど外見が与える影響は大きいので、相手に自分を振ったことを後悔させるためにも、冷却期間中にしっかり外見を磨いてみてください!

かといって、無理なダイエットは必要ありません。

 

ジャンクフードを食べずバランスの取れた食事を取るようにするだけでも変わりますよ。

ウォーキングをしたり、ヨガをしたりするのもおすすめです。

 

少しずつでいいので、外見磨きを頑張っていきましょう。

 

自分磨きをし、人間としての魅力をアップさせる

 

冷却期間中に磨くべきなのは外見の魅力だけではなく、内面的にも自分磨きをし人間としての魅力をアップさせていくことも欠かせません。

おすすめの自分磨きの方法は以下の通りです。

 

  • 読書で新しい価値観や知識の取り入れ
  • 時間の使い方を見直す
  • 人の悪口や愚痴を言わない
  • ポジティブな気持ちで過ごす
  • 新しいことにチャレンジする
  • 身の回りを整理整頓する
  • 小さなことにも感謝する

 

自分磨きというと難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、今日から気楽に始められることもたくさんあるので、ぜひいろいろなことに取り組んでみてください。

 

【この記事も読まれてます】

復縁メールの書き方とは?連絡方法や復縁したいと思わせるメッセージの成功例!

 

多くの人と関わり、視野を広げる

多くの人と関わり、視野を広げる

 

冷却期間中は多くの人と関わり、視野を広げていきましょう。

復縁のことで頭がいっぱいになってしまう傾向がありますが、離れて過ごしているときだからこそ色んな人と関わっていく絶好のチャンスです。

 

決して寂しさを埋めるためのものではありません。

復縁するためだけでなく、自分の今後のためにも視野を広げていくことは良いことです。

 

様々な人と関わって、いろいろな人の考え方や価値観にぜひ触れてみましょう。

自分と似たような人だけではなく、自分とは違う考えを持つ人とも関わることで、「そういう考え方もあるんだ」と新しい発見をできることも。

 

多くの人との出会いを大切にしてみてください。

自分の興味のある趣味のサークルや語学の勉強会など、思い切って入ってみると世界が広がりますよ。

 

男女別の違いも!元彼・元カノとの復縁に向け、振られた側がすべきこと

男女別の違いも!元彼・元カノとの復縁に向け、振られた側がすべきこと

 

復縁に向けてすべきことは、男女で違う部分もいくつかあります。

ここからは、元彼・元カノとの復縁に向けて振られた側がすべきことについてお話していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください!

 

男女別振られた側がすべきこと
  • 元彼と復縁したい時にすべきこと
  • 元カノと復縁したい時すべきこと

 

元彼と復縁したい時に振られた側がすべきことは?

 

別れた直後の男性は、開放感に浸っていることが多いんです。

特に自分から彼女に別れを告げた男性は開放感や幸福感に浸りやすく、「やっと別れられた」「これからは自由に過ごせる」と思っているもの。

 

男友達と飲んだり、趣味に時間を使ったりしているでしょう。

振られた側の女性からすると堪ったものではありませんが、それが振った側の男性心理なので、まずは現実を受け入れなければいけません。

 

でも、別れてから時間が経つほど後悔し始めるのも男性の特徴です。

別れた原因や別れ方によって気持ちの変化の時期は異なるものの、一般的には別れてから2ヶ月くらい経つと寂しくなってくる傾向があります。

 

解放感が、徐々に寂しい気持ちに変わっていくんですね。

つまり、振られた女性が自分を振った元彼との復縁を成功させるためには、別れてから少し時間が経った頃がアピールの狙い目だということ。

 

男性は元カノの大切さを痛感し、復縁を意識し始める頃です。

元彼が開放感に浸っているうちに自分の欠点を改善しながら自分磨きに励みましょう。

 

そして付き合っていた頃よりも魅力的な女性に成長しておくべきです。

きっと元彼は成長したあなたの姿に「別れるんじゃなかった」「自分から振るなんてバカだった」とあなたを振ったことを後悔するでしょう。

 

そう思わせることができれば、復縁できる日はもうすぐです。

 

元カノと復縁したい時に振られた側がすべきことは?

元カノと復縁したい時に振られた側がすべきことは?

 

別れた直後の女性は、男性とは真逆で辛い気持ちに浸ってがっくりと落ち込んでしまいます。

中には、食べ物を口にできなくなるなど追い込まれてしまう人もいるほどです。

 

簡単に別れを受け入れられないからこそ、すぐに新しい恋愛をする気にはなれず、時間をかけて辛い気持ちを整理しようとします。

でも、吹っ切れた後の女性はものすごく強いんです。

 

別れてから1ヶ月程度はとにかく落ち込んでいますが、2ヶ月ほど経つと「もう過去なんて振り返らない!」と元彼をスパッと断ち切ります。

このように、別れてからの気持ちの変化が男性と女性とではまるで違うのです。

 

そのためか、なかなかお互いの気持ちが通じ合わず、復縁できないカップルも多くいます。

ただ、復縁できる可能性は誰にだってあるでしょう。

 

本気で元カノと復縁したいと思うなら、まずは付き合っていた頃の自分の悪い部分をしっかり認め、元カノに対して素直に謝ることが大切です。

もう男としてのプライドを守っている場合ではありません。

 

また、女性は愛情表現してくれる男性に惹かれる傾向があるため、少しずつ距離を縮めながら誠意を持って思いを伝えることも意識しましょう。

ポイントは、相手をどう思っているかと伝えること。

 

「復縁したい」というよりも「大切に思っているから」と今感じている自分自身の思いをストレートに伝えることが大切です。

もちろん、元カノの様子を見ながら伝えるようにします。

 

ガツガツ積極的にいきすぎると元カノに引かれてしまう可能性が高いので、元カノのペースに合わせながら焦らず距離を縮めてみてください!

 

【この記事も読まれてます】

別れ話で引き止め成功の秘訣とは?別れたいと言われた時に引き止める方法!

復縁したい振られた側がすべきでないことは?NG行動集

復縁したい振られた側がすべきでないことは?NG行動集

 

最後は、復縁したい振られた側がすべきではないNG行動についてみていきましょう。

復縁したい気持ちが強いほど、一時的な感情だけで間違った行動してしまうことが多いんです。

 

NG行動のせいで取り返しのつかない事態を招き、復縁が遠ざかってしまうことがあります。

復縁のチャンスを逃さないためにも、これからご紹介する行動はとらないように注意してくださいね。

 

NG行動集
  • SNSに病んだ投稿をする
  • 冷却期間にしつこく連絡する
  • 相手とセフレになる
  • わざと別な異性と付き合う

 

SNSに病んだ投稿をする

 

「誰かに慰めてほしいから」「元彼や元カノに気づいてほしいから」なんていう理由で、SNSに病んだ投稿をしてしまう人は珍しくありません。

でも、病んだ投稿を見て良い気持ちになる人はいないでしょう。

 

直接元彼や元カノがあなたの投稿を見ていないとしても、共通の友達から相手に伝わり、重たい・面倒な人と思われてしまう可能性が高いです。

でも、どうしても自分の気持ちを吐き出す場所が欲しい時もありますよね。

 

そんなときは、リアルでの繋がりが一切ない個人的なアカウントを利用することをおすすめします。

非公開にしておくといいでしょう。

 

冷却期間にしつこく連絡する

冷却期間にしつこく連絡する

 

冷却期間にしつこく連絡するのは、嫌われてしまう原因になります。

振られてすぐ諦めきれない気持ちはよくわかりますが、冷却期間に何度も連絡してアピールしたところで、関係が良くなることはありません。

 

復縁するためには、お互いに離れて過ごす時間が必要です。

相手にしっかり時間を与えることで、悪いことの記憶が薄まっていくメリットもあります。

 

すると、2人が楽しく付き合えていた頃ばかりを思い出すようになるでしょう。

そして、また戻りたいと自然とあなたを恋しく思ってくれるかもしれません。

 

復縁の可能性を自分で潰してしまうような、冷却期間中のしつこい連絡は控えましょう。

 

相手とセフレになる

 

相手とセフレになってしまうケースもよくありますが、別れた後も体の関係を結んだままにしておくと逆に復縁の可能性が低くなります。

なぜなら、単なる都合の良い存在で終わってしまうからです。

 

振られた側からすると「体だけでも求められれば嬉しい」「誘いを断ったらもう会えなくなってしまうかも」なんて色々考えているはず。

しかし、セフレからの本命は難しいものだといえます。

 

本命に比べて体の関係だけの相手は「単なる自分の欲望を満たすだけの存在」「自分の言うことを聞いてくれる存在」と認識されやすいためです。

復縁したいからと言って、都合の良い存在になる必要はありません。

 

相手から誘われても応じないことは復縁の近道になるので、自分を安売りしないようにしましょう!

 

【この記事も読まれてます】

元彼に久しぶりに送るLINEの内容は?久しぶりに元彼に連絡して復縁に繋げる方法!

 

わざと別な異性と付き合う

わざと別な異性と付き合う

 

振られたことが悔しくても、わざと別な異性と付き合うのはNGです。

「他の人と付き合えば追いかけてくれるかも…」と期待している人もいますが、振った側からするとそんなことで気持ちが変わったりしません。

 

嫉妬することもなく、却ってよかったと思う可能性もあります。

むしろ「自分への気持ちってそんなものだったんだ」と思い、自分から別れを告げたことを正解だったと改めて実感するきっかけになるでしょう。

 

もちろん、本当に好きな人ができたならそれはOKです。

その場合は元彼や元カノは完全に過去の存在ですし、新しく付き合い始める相手のことを自分本位に傷つけてしまうこともないでしょう。

 

でも、復縁したいなら話は別です。

自分を振った相手のことを意識して別な異性と付き合おうとしているなら、相手のためにも自分のためにもやめておくべきですよ。

 

まとめ

まとめ

 

今回は、復縁したい振られた側がすべきことや冷却期間の過ごし方、復縁する方法についてお話ししました。

以下が記事のまとめです。

 

この記事のまとめ
  • 復縁したいなら円満に別れるべき
  • 冷却期間を設けて友達から再出発
  • 冷却期間は連絡せず自分磨きをする
  • 復縁に向けてすべきことは男女で違う
  • SNSに病んだ投稿・しつこい連絡はNG

 

振られてしまっても、大好きな恋人のことは簡単には諦められないもの。

でも、しつこくすがるメリットはひとつもないので、可能な限り円満に別れ、冷却期間を設けて復縁のために努力するのが最善の策でしょう。

 

復縁を成功させるために大切なのは、冷却期間の過ごし方です。

冷却期間中は絶対に自分から連絡せず、別れた原因や自分の欠点を改善し、今よりももっと素敵な人間になれるよう自分磨きに励むべき。

 

ここで、どれだけ頑張れるかが復縁のカギを握っています。

冷却期間後はタイミングを見て連絡し、まずは少しずつ距離を縮めながら信頼できる友達になることを目標に頑張ってみてください。

 

相手のペースに合わせながら関係を深めていくことで、「また恋人として一緒に過ごしたい」と思ってもらえるようになっていくはずです。